バトミントンTOP国内ニュース ≫ 【全日本総合2018】「連覇できたのは、僕らも強くなっている証拠」(渡辺)<決勝コメント−4>

【全日本総合2018】「連覇できたのは、僕らも強くなっている証拠」(渡辺)<決勝コメント−4>

11月27日から開催されている72回全日本総合選手権(東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館)。大会最終日の12月2日は、各種目決勝戦が行なわれた。ここでは、混合ダブルス決勝を争った渡辺勇大/東野有紗、保木卓朗/永原和可那のコメントをお伝えしよう。

トーナメント表・結果は こちら

全日本総合2018

渡辺勇大(左)/東野有紗

(日本ユニシス)

結果:保木卓朗/永原和可那に21-17、21-18で勝利

渡辺「優勝できてホッとしています。心のどこかで、やはり優勝しなければいけないという気持ちがあって、プレッシャーとの戦いだったと思います。そのなかで連覇できたのは、僕らも強くなっている証拠ですし、これを継続していくことが必要だと思っています。1回勝つのは偶然で、2回勝ったら本物。海外の大会でも直近の香港OPで(全英OPに続く)2回目の優勝ができた。そして、国内でも総合連覇というのは、実力がついてきているという自信になります。これから強くなっていくうえで、これを自信にどんどん前へ進むきっかけになっていくと思います」

東野「決勝戦はちょっと自分が硬くなってしまう部分が多くて、勇大くんに何回も助けられるような場面があったんですけど、こうして結果的に優勝できたことはうれしいです。最近は海外でもコンスタントに成績が残せるようになってきたので、これまで以上にいい成績が残せるように頑張っていきたいです。今大会は連覇がかかっていましたが、(大会当初は)プレッシャーをあまり感じていなかったんです。でも、決勝戦になると少しずつプレッシャーを感じてしまうことがありました。自分たちはまだまだなので、この結果を自信につなげていきたいと思います」

全日本総合2018

保木卓朗/永原和可那(右)

(トナミ運輸/北都銀行)

結果:渡辺勇大/東野有紗(日本ユニシス)に17-21、18-21で敗戦

保木「世界ランク3位の渡辺/東野ペアが相手ということで、自分たちがどこまでできるか楽しみでもあり、少し緊張もありました。そのなかで、自分たちの持ち味をしっかり出すことができて、いい試合になったかなと思います。相手はローテーションがいいので、攻撃場面の威圧感がすごくあって、ディフェンス面でも、焦らず、自分たちが回されている感じがありました。でも、そこで我慢してプレーできた。自分たちも悪くなかったと思います。(2ゲーム目のインターバル後、スコアの修正に時間がかかり、そこから流れが変わったように見えたが)意識しないようにしていましたけど、何かが変わったのかもしれません。そこでもう一度立て直すことができればよかったです。本職は男子ダブルスですし、本職のためのミックスだと思っていますが、来年もワールドツアーを回ることがあれば上位をめざして、少しでも(オリンピック)レースに絡んでいけたらと思います」

永原「渡辺/東野ペアと対戦するのは3度目でしたが、いままでの中で一番自分たちの力を出せて、いいパフォーマンスができたんじゃないかと思います。最後は経験の差が出て、相手のほうが強かったけど、自分たちがここまでやれるできることがわかったので、今後につなげていけたらと。(決勝まで上がれたことについて)本職のダブルスで昨日お互いに負けてしまって、すごく悔しい思いをしたぶん、今日は自分たちのできることをやろうと思っていました。A代表として他のペアには負けられない気持ちがあったので、決勝まで来られたのはよかったです」

 初日(予選)

ダイジェストはこちら

コメントはこちら

2日目(1回戦)

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

コメント

3日目(2回戦)

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

コメント

4日目(準々決勝)

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

コメント/

5日目(準決勝)

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

ミックスはこちら

コメント

取材・構成/吉井信行、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2018/12/03
■関連キーワード