【全日本総合2018】「挑戦者の気持ちでやろうと思っていた」(髙橋沙)<準決勝コメント-2>

日本の頂点を決める「第72回全日本総合選手権」。大会5日目の12月1日は、各種目で準決勝を実施。ここでは、女子シングルスの試合後の選手コメントを紹介しよう。

トーナメント表・結果は こちら

全日本総合2018

髙橋沙也加(日本ユニシス)

結果:山口茜(再春館製薬所)に8-21、16-21で敗戦

「昨日勝って気持ち的に限界というか、昨日の一戦にすごくかけていた部分もあって、今日は挑戦者の気持ちでやろうと思っていたのですが、逆にそれで1ゲーム目に力み過ぎたというか、少しでも点数を取りたいと思い過ぎた部分もあります。山口選手のほうが私のラリーや得意ショットに慣れていて、そこでどうしようと思ってミスにつながってしまった。山口選手はミスなくつないできたので、そこが自分との差だと感じました。去年ベスト16ですごく悔しい思いをして、そこから前進できたのはすごくよかったです。ただ、ここで全然満足はしていないので、悔しい気持ちと自分の中の目標が達成できたという気持ちと半々です」

全日本総合2018

漆﨑真子(山陰合同銀行)

結果:奥原希望(日本ユニシス)に11-21、14-21で敗戦

「初めての相手で、1ゲーム目はスピードとかフェイントがかかっているショットに対応できず、2ゲーム目の後半になって、やっと自分から仕掛けていくことができたんですが、その対応も遅かったですし、自分のプレースタイルである『我慢する』ことができなかったので、悔いが残ります。相手の球にまったくついていけないという感じではなかったので、もっと食らいついてラリーをして、その中で自分から仕掛けていけたらよかったかなと思います。(この大会)初めてのベスト4なので、昨日とおととい(試合に)勝ったときはうれしい気持ちもすごくありました。ただ、やはり今日の試合で対応できなかったことがすごく悔しいです」

初日(予選)

ダイジェストはこちら

コメントはこちら

2日目(1回戦)

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

コメント

3日目(2回戦)

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

コメント

4日目(準々決勝)

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

コメント/

取材・構成/楊順行、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2018/12/01
■関連キーワード

                  

人気記事ランキング