【全日本総合2018】「自分が攻めて得点を取ることが少なかったことが一番の敗因」(大堀)<準々決勝コメント-6>

日本の頂点を決める「第72回全日本総合選手権」。大会4日目の30日は、各種目で準々決勝を実施。ここでは、注目選手の試合後のコメントを紹介しよう。

トーナメント表・結果は こちら

【女子シングルス】

全日本総合2018

大堀彩(トナミ運輸)

結果:髙橋沙也加(日本ユニシス)に18−21、21−19、15−21で敗戦

「自分から打っていく球が少なかったと思います。“守って守って”という展開で、点数も相手のミスでもらっていた以外に、自分が攻めて取ることが少なかった。それが一番の敗因かなと思います。そんなに悪い試合ではなかったけど、お互いが攻撃的なプレーヤーというなかで、髙橋選手の方が最後まで打ち続ける力があったかなと思います。私の苦手な部分を研究してきたな、というのを感じました」

漆﨑真子(山陰合同銀行)

結果:三谷美菜津(NTT東日本)に21−16、11−21、21−13で勝利

「勝てたことはうれしいですけど、ここがゴールではないので、あとはとにかく前に進んでいくだけかなと思います。試合では、私がすごくねばったというわけじゃないのですが、丁寧に入れることを続けたことで、相手が嫌がってくれたのかなと思います。(1年前はケガで結果を出せなかった、という質問に対して)去年は総合で負けた後に準決勝、決勝の試合を見ていたのですが、“この舞台に立ちたい”と、すごく強く思っていました。1年前に比べて、相手のことを見て、感じながらプレーすることができるようになったと思います。以前はうまくいかないときはそのまま終わりだったけど、今はうまくいかなくてもベンチのアドバイスだったり、自分で考えながら試合の中で修正することができるようになっています。あと、格上の選手と対戦するときは、いつも1ゲーム目をスパーンと取られて、2ゲーム目で私が頑張りファイナルゲームに入る展開でしたけど、今回は出だしで集中して1ゲーム目を取れるようになったのがよくなったところだと思います」

初日(予選)

ダイジェストはこちら

コメントはこちら

2日目(1回戦)

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

コメント

3日目(2回戦)

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

コメント

4日目(準々決勝)

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部
写真/菅原淳


投稿日:2018/12/01
■関連キーワード

                  

人気記事ランキング

閉じる