【全日本総合2018】「絶対優勝したいと思います」(桃田)<2日目コメント-1>

日本の頂点を決める「第72回全日本総合選手権」が11月27日に開幕、熱戦の火ぶたが切られた。大会2日目の28日は、各種目で1回戦を実施。ここでは注目選手などの試合後のコメントを紹介しよう。

【男子シングルス】

01
桃田賢斗(NTT東日本)
結果:山口容正(Shuttle & Sons)に21-18、21-7で勝利

「去年の1回戦は緊張して、相手に1ゲーム取られてしまうなど、ほとんど負け試合だったので、今回は出だしからいいプレーをしようと思ってコートに入りました。出だしはよかったものの、第1ゲームの中盤以降に相手にリードされてしまって危ないかなと思ったんですが、しっかり声を出して攻めていけたのでよかったと思います。(大会への意気込みを聞かれ)去年は悔しい思いをしたので、今年は応援してくださる皆さんのためにも、日本のエースとして戦いたいという思いがあるので、絶対優勝したいと思います。今日は観客の皆さんに世界ランク1位らしいプレーを見せたかったんですけど、そんな余裕はなくてギリギリだったので、明日は世界ランクなどは気にせず、向かっていきたいと思います」

【女子ダブルス】

髙橋礼華/松友美佐紀(日本ユニシス)
結果:種岡遥/米山麻美(龍谷大)に21-11、21-10で勝利

髙橋「自分たちが若かったときは、この大会で1番になることが大きな目標だったので、そのときとはまた気持ちは違いますが、自分たちのいいプレーを出したいなと思います。今年はツアーファイナルに出られるので、もちろん全日本総合で負けていいということではないですが、ファイナルにつながるようなプレーができればいいのかなと思っています。(2回戦で対戦する藤井/垣岩について聞かれて)末綱/前田ペア、藤井/垣岩ペア、内藤/松尾ペアがいたときは、自分たちが一番下だったので、その3ペアに勝って(全日本総合で)優勝したというのが自分たちの飛躍の始まりだったので、その先輩方がいなかったら、自分たちもここまで強くなれていなかったと思います。明日は、そんな感謝の気持ちを持って、お互いが力を出してプレーできればと思います」

松友「ツアーファイナルに向けても、この大会では相手が誰であれ、自分たちのプレーをするのは変わりないのかなと思っています。(明日の対戦相手である藤井/垣岩について聞かれ)全日本総合が始まる前に、もしかして対戦するんじゃないかという思いがあって、何となくそんな話もしていたんですが、まさか本当にそんな組み合わせになるとは思いませんでした。これで最後の大会と聞いているので、しっかり自分たちのプレーを出して楽しみたいと思います」

全日本総合2018

福島由紀(右)/廣田彩花(岐阜トリッキーパンダース)
結果:中村恭子/諸田彩(丸杉)に21-6、21-6で勝利

福島「今日はいつも以上に連係プレーができていたなと思います。(去年から成長した部分について聞かれて)去年もいっていたと思うんですが、気持ちの大崩れがなくなりましたし、レシーブからでも攻めの形がとれるのがすごくよくなったんじゃないかと思います。また、ラリーが長くなる中でもミスをしなくなった点でもレベルアップを感じています。(世界ランキング上位ペアが集まっていることについて)こうした戦いを日本で見られるというのもすごいことだと思うので、トップレベルのプレーをぜひ見ていただきたいなと思います。明日も、攻めるプレーやねばるプレーをどんどん出して、自分たちらしい試合をしっかりやっていきたいです」

廣田「これだけトップの選手が集まっている大会なので、厳しい戦いになると思うんですけど、2人で自分たちらしいプレーをしていけたらと思います。レシーブからでもしっかり攻撃に持っていくことができていますし、以前からねばりも自分たちの特長ではあったんですけど、その中でもミスをしなかったり、どこかでスピードを上げて変化をつけたりできるようになったところが、去年とは違うかなと思います」

取材・構成/田辺由紀子
写真/菅原淳


投稿日:2018/11/28
■関連キーワード

                  

人気記事ランキング