【全日本総合2018】「思い描いていた配球や組み立てができなかった」(米元)<準々決勝コメント-7>

日本の頂点を決める「第72回全日本総合選手権」。大会4日目の30日は、各種目で準々決勝を実施。ここでは、注目選手の試合後のコメントを紹介しよう。

トーナメント表・結果は こちら

全日本総合2018

米元小春(左)/田中志穂

(北都銀行)

結果:櫻本絢子/髙畑祐紀子(ヨネックス)に18−21、21−23で敗戦。

米元「自分たちのレシーブ場面での配球が中途半端になってしまい、そのまま失点するケースが多かったです。下からあげる球だったり、配球を考えすぎてしまい、そのうまくいかない部分に対して自分で焦ってしまったことが、プレーにつながってしまいました。(ナショナルの選考争いについて聞かれ)ナショナル争いについてはとくに考えていなくて、とにかく試合を勝ちたい気持ちで毎日を戦っていましたが、思い描いた配球や組み立てが今日は成功しなかったなと思います。これが今の現状なので、この結果を受け止めて、あとは上がっていくだけ。足りないところを埋めて、二人で頑張っていきたいです」

田中「相手ペアは今季結果を出していましたし、逆に自分たちは思うような結果がでていなくて。追い上げられる場面で自分の不安な所が出てしまい、自信なくプレーしてしまったのが敗因かなと思います。1ゲーム目の後半から精神的に落ち着いて、相手のプレーを見ながらプレーすることができたけど、最後の方はやっぱり自分が苦手なプレーに対する不安が大きくて、最後、取りきれずに終わってしまいました。今の現状がベスト8なので、(来年5月に始まる)五輪レースまでの5カ月が大事になってくると思います。自分を見つめなおして、オリンピックレースに臨みたいです」

志田千陽/松山奈未

(再春館製薬所)

結果:福島由紀/廣田彩花に23−21、16−21、19−21で敗戦

志田「相手は世界ランク1位で向かっていくだけでしたが、昨日のようなプレッシャーもなく、自分たちの力を出し切れたのはよかったです。ただ、最後はチャンスがあったのに勝ちきれなかった。勝ちにいこうとしたなかで、最後やりきれなかったのが悔しいです。1年間は(福島/廣田と)試合をしていなかったのですが、相手はすごい結果を出しているペア。ビデオなどを見たりしましたが、試合ではドライブなどがすごく速かったです。(試合の中で)自分たちがスマッシュを打っても、それ以上のドライブだったり、タッチの速さがあったので、そこをどう攻略していくかを話し合って、崩していくかを考えながら頑張りました」

松山「相手は世界ランク1位であり、日本一でもあるペアなので、まずは自分たちのプレーを出しきろうと思っていました。試合では出し切れた部分もあったけど、最後の場面で競って勝ちきれなかったのが悔しいです。1ゲーム目は相手がすごく引いているなと思いましたが、2ゲーム目からそうはいかないと思ったので、自分たちも気を引き締めて入りました。(ファイナルゲーム15-19から4連続得点については)自分たちの攻撃もありましたが、相手がいつもならミスしないような場面でミスしたくれたので4点とれたと思います。そこからもチャンスがあったと思うので、悔しいです」

初日(予選)

ダイジェストはこちら

コメントはこちら

2日目(1回戦)

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

コメント

3日目(2回戦)

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

コメント

4日目(準々決勝)

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2018/12/01
■関連キーワード

                        

人気記事ランキング