【全日本総合2018】「気持ちを込めて、自分のプレーを出せた」(内藤)<2日目コメント-3>

日本の頂点を決める「第72回全日本総合選手権」が11月27日に開幕、熱戦の火ぶたが切られた。大会2日目の28日は、各種目で1回戦を実施。ここでは注目選手などの試合後のコメントを紹介しよう。

【男子シングルス】

全日本総合2018

内藤浩司(日立情報通信エンジニアリング)
結果:奈良岡功大(浪岡高)に21-17、21-9で勝利

「勝ててホッとしています。奈良岡くんとは今年の大阪国際で一度当たってストレートで負けていたので、今回はリベンジという気持ちで、出だしから気持ちを込めて、自分のプレーを出せたことが勝ちにつながったのかなと思います。相手はレシーブやストロークがすごくうまいので苦手意識がありましたが、我慢して、最後まで打ちきったら相手もきついだろうと思っていました。明日も自分が我慢して、我慢して、最後に決めるまで、我慢してスマッシュを打っていきたい。1発では決まらないので、その次、その次のところで、ということを意識してやっていきたいと思います」

全日本総合2018

奈良岡功大(浪岡高2年)
結果:内藤浩司に17-21、9-21で敗戦

「悔しいです。前半からあせってしまって、自分らしいプレーができませんでした。他の大会では自分の思うようにプレーができるんですけど、全日本総合は独特の雰囲気があって、その雰囲気に飲まれてしまったかなと思います。(第1ゲームは11‐10とリードした場面もあったが)リードはしていたんですけど、そこから自分の得点パターンで点数を取れず、ミスをしてしまいました。ラリーも単調になって、自分のリズムというか、雰囲気に持っていけなかったです。相手に向かっていく気持ちはありましたが、そういう気持ちが、もっともっと必要だなと思います」

【女子シングルス】
水井ひらり(ふたば未来学園高3年)
結果:杉野文保(七十七銀行)に21-16、21-15で勝利

「本戦で勝つことが目標だったので、勝ててよかったです。最初はちょっと緊張して、バタバタしてしまってミスが出たり、攻撃も単発で終わってしまったんですけど、途中から集中して、チャレンジャーの気持ちでできました。(相手は社会人だったがと聞かれ)相手はみんな強いので試合前から集中して、出だしが大事だと思って、試合の入りを大事にしようと思っていました。途中で球が読まれてきたら変えたりとか、そうやって対応しながら戦えたのがよかったかなと思います。大会の目標はベスト8に入ることですが、明日は奥原(希望)さんなのでチャレンジして、勝ちにいく気持ちをもって、自分ができることを出しきりたいと思います」

取材・構成/バドミントン・マガジン編集部
写真/菅原淳


投稿日:2018/11/29
■関連キーワード

      

人気記事ランキング