【全日本総合2018】櫻本&高畑がA代表の米元&田中を下してベスト4!<ダブルス>

11月27日から開催されている第72回全日本総合選手権(東京・駒沢オリンピック公園総合運動場体育館)。大会4日目の30日は、各種目準々決勝が行なわれた。ここではダブルス3種目をダイジェストでお伝えしよう。

トーナメント表・結果は こちら

【女子ダブルス】全日本総合2018

女子ダブルスの注目カードとなったA代表・米元小春/田中志穂(北都銀行)と、B代表・櫻本絢子/髙畑祐紀子(ヨネックス)の勝負は、初のA代表入りをねらう櫻本/髙畑が会心の勝利。世界ランクでは米元/田中が6位、櫻本/髙畑が10位と拮抗するも、今年の国際大会で優勝を重ねるなど大ブレークを果たした櫻本/髙畑が、駒沢のセンターコートで躍動した。

試合は前衛の髙畑が仕掛けて、サウスポーの櫻本が鋭いスマッシュを打ち込む得意パターンが炸裂。第2ゲームは先にゲームポイントを握った米元/田中だが、レシーブで引いて押し込まれる展開に。21−21から、最後の2点は櫻本のスマッシュ。最後の1ポイントは果敢に連続スマッシュを打ち込み、勝利が決まると絶叫。リードを奪われても決して引かない、櫻本/髙畑の強い意思を感じるゲームだった。

世界ランク1位の福島由紀/廣田彩花(岐阜トリッキーパンダース)vs志田千陽/松山奈未(再春館製薬所)は、ファイナルでの決着だった。昨年までチームの先輩・後輩だったペアは、所属先が別れてから初めての全日本総合。ともに速いローテーションを得意とするプレースタイルでの真っ向勝負。77分におよぶ激闘は、先輩の福島/廣田が意地を見せて勝利。最後に福島のスマッシュが決まると、福島は右手でガッツポーズ。会場内からは両ペアの健闘をたたえる拍手が沸き起こった。

第1シードの髙橋礼華/松友美佐紀(日本ユニシス)は、同じチームの栗原文音/篠谷菜留にねばられながら2−1で勝利。世界選手権優勝の松本麻佑/永原和可那(北都銀行)は、B代表の福万尚子/與猶くるみ(ヨネックス)にストレート勝ちで、準決勝進出を決めている。

準決勝は髙橋/松友と櫻本/髙畑、反対の山では福島/廣田と松本/永原がそれぞれ決勝の切符を争う。

【男子ダブルス】

全日本総合2018

男子ダブルスは、4試合すべてファイナルゲームでの決着だった。

この日のオープニングゲームとなった、保木卓朗(写真右)/小林優吾(トナミ運輸)vs古賀輝/齋藤太一(NTT東日本)は、序盤から互角の打ち合い。積極的にネット前に出てリターンをねらう古賀/齋藤に対し、保木/小林は甘い球を逃さず仕留めていく。第1ゲームは保木/小林、第2ゲームは古賀/齋藤が取り、迎えたファイナルゲーム。レシーブで下がってしまったのは、第2ゲームを奪い返して勢いに乗りたい古賀/齋藤だった。保木/小林は攻撃の手をゆるめず、次々とスマッシュを打ち込んで得点を重ねる。最後は齋藤のレシーブがバックアウト。保木/小林がA代表の意地を見せ、2015年から4年連続準決勝進出を果たした。

全日本総合2018

高校卒2年目の若きB代表、小野寺雅之(写真左)/岡村洋輝(早稲田大/日本ユニシス)は、埼玉栄高校の先輩にあたる塚本好喜/高野将斗(日立情報通信エンジニアリング)に勝利。第1ゲームを21−23で奪われるが、岡村の後衛、小野寺の前衛という得意な形が冴えわたり、前回ベスト8からステップアップとなるベスト4進出を果たした。

世界ランク3位の園田啓悟/嘉村健士(トナミ運輸)、同8位の遠藤大由/渡辺勇大(日本ユニシス)は、ともに第1ゲームを奪われながら逆転勝利。園田/嘉村はベテランの橋本博且/佐伯祐行(福井県スポーツ協会)に、遠藤/渡辺は世界ランク上昇中の竹内義憲/松居圭一郎(日立情報通信エンジニアリング)に、それぞれ勝利を納めている。

これにより、準決勝は園田/嘉村と保木/小林のトナミ運輸対決。もう一方の山では遠藤/渡辺と小野寺/岡村が激突する。

 【混合ダブルス】

全日本総合2018

ミックス専任ペアが選出されて初めての全日本総合。ベスト8にはB代表として国際大会で経験を積んだ3ペアが勝ち残っていた。

ミックス専任対決となった権藤公平(写真左)/栗原文音(トナミ運輸/日本ユニシス)vs浦井唯行/宮浦玲奈(丸杉/ヨネックス)は、権藤/栗原が勝利。秋田マスターズ優勝(Super100)など結果を残すペアが、落ち着いたプレーで浦井/宮浦の攻撃をさばいて勝利を手にした。

この日の大トリとなったのは、B代表の三橋健也/篠谷菜留(日本大/日本ユニシス)と、男女ダブルスA代表同士がペアを組む保木卓朗/永原和可那(トナミ運輸/北都銀行)の勝負。5月の日本ランキングサーキット決勝では、保木/永原がストレート勝利を納めている。が、半年で急成長を遂げた三橋/篠谷も声を出して積極的に攻め立て第1ゲームを先取。しかし、A代表の意地を見せたい保木/永原が逆襲。面白いように決まっていた三橋のスマッシュに永原がロングレシーブで対応しはじめ、相手の逃げ球を保木がつかまえて強打を叩き込む。専任ペアとして結果を残したい三橋/篠谷も、気持ちを切らさず食らいつくが、最後は三橋のスマッシュがネットにかかってゲームオーバー。保木は両手を突き上げて勝利を喜んだ。

昨年優勝の渡辺勇大/東野有紗(日本ユニシス)、昨年準優勝の小林優吾/志田千陽(トナミ運輸/再春館製薬所)は、ともにストレート勝利。明日の準決勝で直接対決が決まり、もう1試合は保木/永原と権藤/栗原が激突する。

初日・予選

ダイジェストはこちら

コメントはこちら

2日目

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

コメント

3日目

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

コメント

取材・文/平田美穂

写真/菅原淳


投稿日:2018/11/30

人気記事ランキング

閉じる