【全日本総合2018】「我慢できたことが逆転につながった」(櫻本)<準々決勝コメント-2>

日本の頂点を決める「第72回全日本総合選手権」。大会4日目の30日は、各種目で準々決勝を実施。ここでは、注目選手の試合後のコメントを紹介しよう。

トーナメント表・結果は こちら

【女子ダブルス】

全日本総合2018

櫻本絢子/髙畑祐紀子(ヨネックス)

結果:米元小春/田中志穂(北都銀行)に23-18、23-21で勝利

櫻本「1ゲーム目は攻撃がしっかり決まりましたが、2ゲーム目は相手に対応されてなかなか決まらなくなりました。でも、そこでガマンできたことが、逆転につながったと思います。基本は私が後ろで、高畑が前ですが、それだけでは勝てないと痛感したので、逆のパターンなど引き出しを増やそうとこの1年間やってきましたし、あとはA代表に食い込むつもりで練習してきました。それを今日出せたと思います。明日のタカマツさん(髙橋/松友)はすごく強いですが、この大きな舞台で、準決勝を戦えることに感謝し、向かっていくつもりです」

髙畑「あまり対戦したことのないペアで、途中で相手に合わせた場面もありましたが、それぞれが最後まで、スピードを上げていけました。なるべく田中さんに球を集め、米元さんにはコースを変えて打ちづらくするプランがうまくいったと思います。後半は米元さんと私の前衛勝負になりましたが……ベストのパフォーマンスを出せるように1年間練習してきたので、明日も前衛で頑張って勝負するつもりです」

福島由紀/廣田彩花

(岐阜トリッキーパンダース)

結果:志田千陽/松山奈未(再春館製薬所)に21-23、21-16、21-19で勝利

福島「相手には勢いがあり、速いプレーも魅力で、昨年、一昨年に当たったときとはまったく別のペアだと想定していました。実際に久しぶりに対戦して、スピードも二人の動きも上がっていたと思います。だから、勢いに乗せないようにするつもりでしたが、レシーブで先に攻められた印象があり、勢いに乗せてしまったなと。1ゲーム目は自分にミスが目立ち、レシーブから積極的にいけなかった。それで1ゲームを逆転されたんですが、あれがなければ2−0でいけた試合だったと思います」

廣田「2−0で勝たなければいけない試合でしたが、気持ち的に受けてしまったのが1ゲーム目の反省点です。ただ、以前だったら、第3ゲームの追いつかれたところで、相手の勢いにズルズルといってしまう負けパターンでしたが、この接戦を勝ちきったのは成長だと思います。ただ、追いつかれる前に自分たちの攻めができていれば……少し焦ってしまい、簡単なミスで首を絞めてしまいました。でも、そこで気持ちが引き締まったので、明日につながるかなと思います。準決勝の相手(松本麻佑/永原和可那)は身長が高いので、前衛につかまらないよう、クリアーなどの高さを意識していきたいです」

初日(予選)

ダイジェストはこちら

コメントはこちら

2日目(1回戦)

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

コメント

3日目(2回戦)

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

コメント

4日目(準々決勝)

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

取材・構成/楊順行、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2018/11/30
■関連キーワード

                        

人気記事ランキング

閉じる