【全日本総合2018】「連敗している相手にチャレンジャーのつもりでいった」(廣田)<準決勝コメント-3>

日本の頂点を決める「第72回全日本総合選手権」。大会5日目の12月1日は、各種目で準決勝を実施。ここでは、女子ダブルスの試合後の選手コメントを紹介しよう。

トーナメント表・結果は こちら

全日本総合2018

福島由紀(左)/廣田彩花

(岐阜トリッキーパンダース)

結果:松本麻佑/永原和可那(北都銀行)に21-18、17-21、21-13で勝利

福島「結果はどうあれ、胸を借りる挑戦者のつもりでした。おととい、昨日と自分たちのプレーができていなかったので、それを出し、お客さんに見てもらおうという気持ちもありました。いつも練習しているので、お互いパターンはわかっています。永原選手をなるべく後ろにするように配球したのは、永原選手のキレがあるというのもますけど、松本選手は後ろから(のショットに)すごく角度があるので……。また松本選手に打たれるときは、準備をしっかりするように心がけました。長いラリーは得意なので、攻め急いでミスをしないよう、また長いラリーで相手を疲れさせるようにしたのが3ゲームで効いたと思います」

廣田「世界選手権、中国OPと連敗している相手なので、チャレンジャーのつもりでいきました。2ゲーム目は私が崩れてしまいましたが、3ゲームで切り替えることができた。これから海外でも日本勢は対戦すると思いますし、勝ち続けるのはむずかしいですが、勝てたことは自信になります。明日の決勝も準備をしっかりし、100パーセントを出しきって、それが勝ちにつながれと思います」

全日本総合2018

髙橋礼華(右)/松友美佐紀

(日本ユニシス)

結果:櫻本絢子/髙畑祐紀子(ヨネックス)に21-17、21-11で勝利

髙橋「昨日まで、1ゲームは相手にリードを許すことが多いんですが、やられている感じはまったくなく、こちらのちょっとしたミスで点を取られていました。なので、決め急いだりしなければ大丈夫というつもりでプレーし、いい流れで2ゲーム目に入れています。今日もドライブに対して前に出て落としたり、いないところを突いたり、思った以上にいい球が出ています。去年のこの大会は(終了後の)スーパーシリーズファイナル(現ワールドツアー)の出場もなく、気持ちが下がり気味だったんですが、今年はファイナルにつながるプレーを、と考えながらプレーしています」

松友「1ゲーム目はずっと2点差くらいで進み、17対18でしたっけ? 追いつければいけるな、という場面でテンポを変えられたので、そのまま流れをつかめました。プレーのなかでいい形、お互いにこうしてみたらいいという感覚が久々にたくさんあって、それを確認できた試合でした」

初日(予選)

ダイジェストはこちら

コメントはこちら

2日目(1回戦)

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

コメント

3日目(2回戦)

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

コメント

4日目(準々決勝)

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

コメント/

取材・構成/楊 順行、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原 淳

投稿日:2018/12/01
■関連キーワード

            

人気記事ランキング