【全日本総合2018】「タイトルを奪還できるように頑張りたい」(嘉村)<準決勝コメント-5>

日本の頂点を決める「第72回全日本総合選手権」。大会5日目の12月1日は、各種目で準決勝を実施。ここでは、男子ダブルスの試合後の選手コメントを紹介しよう。

全日本総合2018園田啓悟/嘉村健士(左)

(トナミ運輸)

結果:保木卓朗/小林優吾(トナミ運輸)に21-13、19-21、22-20で勝利

園田「今日の相手は、お互いにやり慣れている相手でしたけど、自分たちが最後までしっかり我慢できて、勝ちきれたのは大きいと思うのでよかったです。(保木/小林については)試合をやってみて、強くなっているなと感じました。今日の試合、ファイナルで競った最後の場面は、本当に気持ち次第なので、年上とか年下とか関係なくて、気持ちで攻められたのがよかったです。明日は我慢の戦いになると思います。なおかつ、決めるところはしっかりと決めて、流れをつくっていけたらいいなと思います」

嘉村「1ゲーム目はしっかりと自分たちのプレーができて、自分たちの形で勝つことができました。でも、2・3ゲーム目は相手のレシーブがすごくよかった。(保木/小林は)いままでアタックはすごく強かったですが、レシーブの部分で崩せると思っていたんです。でも、今回はしっかりレシーブされたので本当にレベルが上がっているなと感じましたね。明日の決勝は、昨年悔しい思いをしているので(ベスト4)、挑戦者の気持ちで自分たちらしいプレーをして、タイトルを奪還できるように頑張りたいと思います」

全日本総合2018

遠藤大由(右)/渡辺勇大(日本ユニシス)

結果:岡村洋輝(日本ユニシス)/小野寺雅之(早稲田大)に21-5、21-11で勝利

遠藤「相手は勢いのあるペアだったので、もっと競ったゲームになると思っていました。でも、序盤に相手の点数を抑えられたことで、後半も落ち着いてプレーをすることができて、点差をつけられたのだと思います。ただ、自分の前衛のプレーは選択ミスが多かった。明日の相手にそれをやってしまうと流れを一気に持っていかれるので、なんとか直したい。明日はもちろん勝ちたいですが、決勝で(園田/嘉村か保木/小林の)どちらかとやるのがすごく楽しみです。素直に認めている相手なので、お互いがいいプレーをできたらと思っています」

渡辺「相手はこの大会で初めての準決勝進出だったので、少し緊張していたのかなという部分が見えました。また、いつも練習を一緒にやっているのですが、いつもより足が動いていなかった。そこは、この総合という特別なものもあると思います。もう少し競った展開になるかなと思ったんですけど、僕らとしてはしぶとくラリーができていいゲームだったと思います。決勝は緊張もするでしょうし、思い通りにいかないこともあると思います。でも、いまの自分ができること、できないこと、というのをしっかり判断して、最善のパフォーマンスを出したいです」

初日(予選)

ダイジェストはこちら

コメントはこちら

2日目(1回戦)

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

コメント

3日目(2回戦)

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

コメント

4日目(準々決勝)

シングルスはこちら

ダブルスはこちら

コメント/

取材・構成/吉井信行、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2018/12/01
■関連キーワード

                        

人気記事ランキング