【ジャパンOP】山口が奥原との頂上決戦を制す!桃田は2連覇達成!<決勝戦>

7月27日に開催されたBWFワールドツアー・ダイハツ・ヨネックスジャパンOP(東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ/Super750)最終日は、各種目決勝戦が行なわれた。

初日の結果はこちら/2日目の結果はこちら

3日目の結果はこちら/4日目の結果はこちら

5日目の結果はこちら

3種目で勝ち残った日本勢。その第1試合に組まれたのは、山口茜(写真)と奥原希望の女子シングルス。2015年のジャパンOP決勝でも対峙している二人だが、このときは奥原が優勝を飾っていた。今回の頂上決戦は、その時よりもはるかにレベルアップしした二人がコートに立っており、1年後の東京五輪を見据えた注目の一戦となった。

第1ゲーム、先制したのは山口だ。序盤こそ主導権を奪い合う展開だったが、山口が8−9の場面から7連続得点で突き放す。「自分か望んだ長いラリーには持ち込めたけど、茜ちゃんの他の人にはない発想などで主導権を握りきれませんでした」と奥原。スピードに乗った山口は、そのまま勢いを持続して奥原を押し切り21-13。優勝まであと1ゲームとした。

第2ゲームは、奥原(写真)が前半で9-5と先行したものの、焦りを見せない山口もしっかり追走。緩急をうまく織り交ぜて点差を詰めると、山口が中盤に11-10と逆転に成功。15-13から、一度は奥原に追いつかれたが、ここから一気に6連続ポイントで引き離した山口。日本のライバルとの勝負にケリをつけた山口が、2013年以来6年ぶりにジャパンOP制覇を成し遂げた。

日本のWエースがジャパンOPで2度目の決勝を演じた。前回は奥原(右)が勝利したが、今回は山口に軍配があがった

男子シングルスは、ディフェンディングチャンピオンの桃田賢斗(写真)が、インドネシアのジョナタン・クリスティと対戦した。準決勝ではショットの緩急をうまく使った戦術で相手を翻弄した桃田。決勝戦でも、得意のラリー勝負からペースを掌握して試合を支配した。とくに、ネット前では得意のヘアピンはもちろん、課題の一つでもあったロブをしっかり打ち分けて相手を崩すと、第1ゲームを21-16で先制。第2ゲーム前半は互いにポイントを取り合ったが、9−8から桃田が8連続得点で一気にリード。最後まで攻守にわたって集中した桃田が、21-13でジョナタンを制し、2連覇を達成した。

優勝を決めて喜ぶ桃田賢斗。優勝直後のインタビューでは、涙を浮かべて大会を振り返った

女子ダブルスは、松本麻佑/永原和可那がジャパンOPで初の決勝に挑んだ。前日の準決勝では、髙橋礼華/松友美佐紀から2−0で下し頂上決戦の舞台に臨んだ二人。しかし、初優勝の前に立ちはだかったのは、韓国の金昭英(キム・ソヨン)/孔熙容(コン・ヒヨン)。スピード、パワーで相手を押し切る攻撃的な韓国ペアに対し、松本/永原は守備に追われる展開が続く。「昨日までは足も動いていたし、相手の球に早く準備できたけど、今日は押される一方でした」とは松本。第1ゲームは前半に抜け出した韓国ペアが21-12で先制すると、第2ゲームも韓国ペアが攻撃の手を緩めず21-12で勝利。まさかの完敗に終わった日本ペアは「1年間戦ううえでの“安定感”というのを、これから追求していきたい」(永原)と、敗戦後も気持ちを切り替えて前を向いた。

そのほか、男子ダブルスはギデオン/スカムルヨとセティアワン/アッサンのインドネシア決勝。前週インドネシアOP決勝も同一カードだったため、2週連続となった勝負は、後輩で世界ランク1位のギデオン/スカムルヨが接戦をモノにして優勝。大会3連覇を達成した。

混合ダブルスは中国の王懿律(ワン・イーリュ)/黄東萍(ファン・ドンピン)がインドネシアのジョルダン/オクタビアンティを21-17、21-16で制して2年ぶり2度目のジャパンOP制覇を遂げている。

男子ダブルスはインドネシア同士の決勝戦。2週連続となった争いを、再びギデオン/スカムルヨ(左端)が制した

初日のコメントその1その2

2日目のコメントその1その2

3日目のコメントその1その2その3

4日目のコメントその1その2その3

5日目のコメントその1その2

決勝戦の対戦カードは以下の通り。

【男子シングルス】

桃田賢斗②〔21−16、21−13〕0●ジョナタン・クリスティ(インドネシア)45分

【女子シングルス】

山口茜②〔21−13、21−15〕0●奥原希望46分

【男子ダブルス】

▼決勝戦(7月28日)

ギデオン/スカムルヨ(インドネシア)②〔21−18、23−21〕0●セティアワン/アッサン(インドネシア)36分

【女子ダブルス】

金昭英/孔熙容(韓国)②〔21−12、21−12〕0●松本麻佑/永原和可那43分

【混合ダブルス】

王懿律/黄東萍(中国)②〔21−17、21−16〕0●ジョルダン/オクタビアンティ(インドネシア)42分

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2019/07/28

人気記事ランキング

閉じる