【ジャパンOP】「泥臭くてもいい。相手のコートに入れる気持ちだけをもってプレーした」(嘉村)<選手コメント-3>

7月23日より開幕したダイハツ・ヨネックスジャパンOP(東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ/Super750)。大会4日目の7月26日は、各種目の準々決勝が行なわれた。ここでは、男子ダブルスの園田啓悟/嘉村健士、遠藤大由/渡辺勇大のコメントを紹介する。

園田啓悟(奥)/嘉村健士(トナミ運輸)
結果:シェティ/ランキレッディ(インド)に2-0で勝利し、準決勝進出

園田「低空戦が自分たちは得意なんですけど、日本代表合宿からドライブが浮いたりして、思うような球がいかないという部分が多々あり、そこを引きずったままインドネシアOPに入って、少し自信がなくなっていました。その、よくなかった状態から、6~7割は戻ってきたんじゃないかと思います。どんな球でも相手のコートに返すという気持ちで臨みました。今日は、昨日よりもレシーブがよかったと思う。明日の相手は強いペアなので、気負うことなく、自分たちらしいプレーをしていきたいです」

嘉村「なかなか厳しい試合になったんですけど、途中からは泥臭くてもいいから、相手のコートに入れるという気持ちだけをもってプレーしました。あとは、声援が力になって、自分たちらしくプレーできたんじゃないかなと思います。(相手は長身で)上げたら終わりというゲーム展開になっていたので、いかに甘い球を低く持っていけるかというのが大事だと思っていました。相手のスマッシュをしっかりかわして、その中で自分たちの得意な低空戦にちょっとずつ持ち込めたので、それが最後に勝てた要因なのかなと思います。明日、対戦する相手(セティアワン/アッサン)は強いペアとわかっているので、声援を力に変えて、今日よりさらにいい試合ができるように頑張ります」

遠藤大由(奥)/渡辺勇大(日本ユニシス)
結果:李俊慧/劉雨辰(中国)に1-2で敗退

遠藤「相手はドライブ系のショットやアタックがいいので、そこをどうやって返していくのかが、課題だと思っていました。2ゲーム目、点差が離れすぎたのが問題だったかなと。自分たちが思った通りにいかなかったので、この点差になったと思いますし、それがうまくはまっていけば1ゲーム目を取れたように勝てるのかなと思います。ただ、その1ゲーム目もたまたま取ったという感じ。苦し紛れにレシーブしている感じに見えているなら、たぶん勝ちゲームではないのかなと。打たせてもレシーブで取れるような球出しを、今後やっていきたいと思います」

渡辺「2ゲーム目はすんなり行かれてしまったので、そこは反省点かなと思います。敗因に関しては(試合直後で)まだ考えられていません。これからしっかり反省して、どうやって勝つかというのを考えて、次に臨みたいですね。まだまだ試合が続きますし、来週にはタイOPが控えているので、しっかりと切り替えて、反省点を明確にして次戦に準備したいと思います。今日の試合は少し点数が離れすぎてしまったので難しいゲームになってしまいましたが、競った場面で1ゲーム目みたいに取り切れたというのは、収穫です。逆に、2ゲーム、3ゲームでついていけなかったというのは課題かなと思います」

 

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原 淳

 


投稿日:2019/07/26

人気記事ランキング