【ジャパンOP】「なんとしても相手のコートに返そうという気持ちだった」(園田)<選手コメント-3>

7月23日より開幕したダイハツ・ヨネックスジャパンOP(東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ/Super750)。大会3日目の7月25日は、各種目2回戦が行なわれた。ここでは、準々決勝進出を決めた男子ダブルスの園田啓悟/嘉村健士、遠藤大由/渡辺勇大、混合ダブルスの渡辺勇大/東野有紗のコメントを紹介する。

園田啓悟(左)/嘉村健士(トナミ運輸)
結果:王齊麟/李洋(台湾)に2-0で勝利し、準々決勝進出

園田「今日は気持ちを出して、なんとしても相手のコートに返そうという気持ちで試合に臨みました。インドネシアOPや昨日の試合で思うようなプレーができていなかったので、昨日は試合後に健士と部屋で話して、今日は気持ちを切り替えられた。それでも自分の思ったプレーはできていないんですけど、昨日よりはいい流れでできたんじゃないかなと思います。明日も気持ちを出して試合に臨んでいきたいです」

嘉村「今日は自分たちらしく声を出して、泥臭く、気持ちの面で負けないようにドンドン向かっていきました。2ゲーム目くらいから自分がしっかり前に入って、自分たちの攻撃の形がつくれたのがよかったと思います。昨日部屋に帰って2人で話して、まだ10話したうちの2くらいしかできていませんが、そのなかでも我慢してプレーできたのはよかったですし、ここから少しずつでもよくなっていければと思います。今日より明日、いいプレーができるようにしっかり調整していきたいです」

渡辺勇大(右)/東野有紗(日本ユニシス)
結果:クリスチャンセン/ボゥエ(デンマーク)に2-0で勝利し、準々決勝進出

渡辺「すごくシンプルなゲームをしてくる相手。リズム的には、そんなに早いペースではなかったので、リズムをつかむまでに時間がかかったかなと思います。でも、1ゲームをああいう形でもしっかり取り切れたことが(ゲームポイントを握られてから逆転)、2ゲーム目もいいゲームができた要因だと思います。(1ゲーム目の終盤の心境は)あわてていなくて、下からの球ならミスをしてくれる印象があったので、無理に強い球でいくのではなく、沈めて相手にプレッシャーをかけてミスをさせるプレーがハマって追いついて、そこからは勢いと、足を使ってスピードを上げていけたのかなと思います」

東野「(勝った瞬間は倒れ込んで喜んでいましたが、心境はと聞かれ)最後は自分のプッシュが取られる場面が多かったんですけど、最後に自分がしっかり取れてよかったという喜びを表しました(笑)。デンマークペアは本当にミスがなく、自分たちが劣勢になる部分があったんですけど、1ゲーム目をしっかり取り切ることができたのがよかったと思います。本当に一戦一戦だと思うので、また明日に向けてしっかり準備していきたいです」

遠藤大由(左)/渡辺勇大(日本ユニシス)
結果:ゴーSF/イズッディン(マレーシア)に2-0で勝利し、準々決勝進出

遠藤「相手は本当に勢いのあるプレーヤーで、アタック力がある。それにマレーシアはどのペアもレシーブがすごくうまくて左右に振られるのはわかっていたので、そこをどうするかがカギになるかなとイメージしていました。(第2ゲーム序盤にリードされたところから逆転できたのは)アタックを一切打たなくなって、ドロップだけで相手のフォーメーションを崩すやり方に切り替えたので、そこがうまく的中したかなと思います。リードされても、とくに焦りはなかったです。ダテに年を取っていないので。『あー、いかれたな』くらいに思うようになっています」

渡辺「相手の選手が前に出てくるのがすごく速くて、それに自分がついていけずに下からの球出しが増えてしまった。なかなか思い切って前で展開をつくることができなかったです。
なので最後はしっかり落として、遠藤さんに打ってもらう形で、今日はなんとかしのいだ感じです。今日は遠藤さんに助けられたのがほとんどだったので、明日は思い切ったプレーで、自分らしいプレーができれば。応援してくださる方も多いので、温かい応援を力にしたいです」

 

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原 淳


投稿日:2019/07/26

人気記事ランキング