【ジャパンOP】「出だしから自分らしいプレーができた」(桃田)<選手コメント-2>

7月23日より開幕したダイハツ・ヨネックスジャパンOP(東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ/Super750)。大会3日目の7月25日は、各種目2回戦が行なわれた。ここでは、準々決勝進出を決めた男子シングルスの桃田賢斗、女子シングルスの奥原希望、山口茜のコメントを紹介する。

桃田賢斗(NTT東日本)
結果:カンタフォン・ワンチョレン(タイ)に2-0で勝利し、準々決勝進出

「1回戦から1日空いて試合だったのですが、1日空くと、気持ちが抜けてしまうところが少し不安だったので、昨日は体育館に来て、会場や試合の雰囲気を確かめて、今日に臨みました。それもあって、今日はしっかりと出だしから自分らしいプレーができたかなと思います。出だしから、相手の1球目に対してスマッシュを打ちにいったりと強気にいくべきところは強気に、また大事にいくところは大事にいくなどしっかりプレーできたと思います。(明日対戦するギンディン選手について)彼のことはライバルだと思っていますし、彼に勝つことができれば、すごく自信をつけることができので、しっかり勝ちにいきたい。会場に来てくださる方々に、少しでも楽しんでもらえるようなプレーができればいいなと思います」

奥原希望(太陽ホールディングス)
結果:ミア・ブリックフェルト(デンマーク)に2-0で勝利し、準々決勝進出

「試合の出だしから(会場の)皆さんの応援が聞こえてきて、すごいやりやすかったです。パフォーマンスも悪くなかったと思います。相手は長身でしたが、そのなかでしぶとさがある選手。ただ、私が(スピードを)速くしたり、ゆっくりしたりとリズムに変化をつけたら、それに対応できていなかったです。(いま取り組んでいることは?)フットワークなど基礎的なことです。あとは、以前は試合の中で相手に考えさせたり、惑わせたり、駆け引きができたけど、いまはどこか教科書みたいなプレーになっている。タイミングも相手に合わせられると、そこから変化をつけることができていないので、以前のような感覚をイメージしながらやっています」

山口茜(再春館製薬所)
結果:陳曉欣(中国)に2-0で勝利し、準々決勝進出

「昨日は思ったよりお客さんが少なくて寂しいなと思ったんですけど、今日は見た感じは満席くらいに入っていて、うれしいなと思いました。今日の試合は動きの部分ではよかったのですが、コントロールで少し気になるミスがあったので、明日以降、調整していきたいと思います。次は、インドネシアOP決勝で対戦した相手(プルサラ・V・シンドゥ)ですが、そのときは相手に攻撃させないような球回しをして自分が攻めていく展開にできたのですが、同じプレーでは通用しないと思う。それを利用するという部分と、変える部分を交ぜていきたいです。明日も、観客の皆さんに楽しんでもらえるプレーができたらいいなと思います」

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原 淳


投稿日:2019/07/25

人気記事ランキング