【ジャパンOP】「最後まできつかったけど、声援が力になった」(桃田)<選手コメント-1>

7月23日より開幕したダイハツ・ヨネックスジャパンOP(東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ/Super750)。大会4日目の7月26日は、各種目の準々決勝が行なわれた。ここでは、男子シングルスの桃田賢斗、女子ダブルスの髙橋礼華/松友美佐紀、福島由紀/廣田彩花、混合ダブルスの渡辺勇大/東野有紗のコメントを紹介する。

桃田賢斗(NTT東日本)

結果:アンソニー・S・ギンティン(インドネシア)に2-1で勝利し、準決勝進出

「相手にスピードがあるのはわかっていて、スマッシュも速く、決められたら仕方ないと割り切っていました。そのなかで疲れさせるためには動くしかない、とコートを広く使うようにして……。第2ゲームは相手にネットインが続いたり、嫌な感じで取られたので、3ゲームはちゅうちょせずに打つつもりでしたが、きつくて打てませんでした。相手がスピードを上げてラリーを切りにきていましたが、自分が打てなかったことが、かえってタイミングを外したかもしれません。それにしても、ギンティン選手との試合はいつもきつい。サーブを打つ前から集中力が伝わってきますし、ネット前がうまくスピードも速い……最後はいっぱいいっぱいでしたね。終わったとき、あと5分試合が長かったら、昨日の(世界水泳の)瀬戸大也選手じゃないですが、立っていられないくらい疲れました(笑)。ただそこは同世代の瀬戸選手の頑張りや、会場の声援が励みになりましたね」

髙橋礼華(左)/松友美佐紀(日本ユニシス)

結果:李茵暉/杜玥(中国)に2-0で勝利し、準決勝進出

髙橋「勝ち越しているペアですが、昨年のこの大会では負けた相手で、今年もドイツ・OPで負けていたので、まずはリベンジできてよかったかな、と。あのペアはほかの中国ペアほど攻撃的ではなく、その分ハーフ球の使い方がすごくうまい。今日はシャトルが飛ぶといわれていて、加減したレシーブやロブが甘くなったところをやられていたので、2ゲーム目の後半はレシーブをしっかり後ろに返すことを意識しました」

松友「(レシーブにいろんなバリエーションをつけているように見えましたが、といわれて)そう見てくださるとうれしいです(笑)。相手ペアは、一発が強いというよりいろんな球を打ってきて振り回された部分もありましたが、勝ててよかったです。最終的には、どんな強い相手にも勝たなければいけないわけですが、いろいろな強いペアと対戦できるこの大会を勝ち抜けているのは、自分たちのプレーもよくなっているのかなと思います」

福島由紀(奥)/廣田彩花(アメリカンベイプ岐阜)

結果:李汶妹/張雨(中国)に0-2で敗戦

福島「初対戦でしたが、相手はアタッカーという印象があったんです。ラリーで上げてしまったときに打ち込まれ、今日はシャトルが飛ぶ感じがした分球も速かったので、準備が遅れてしまいました。また、ミスが多いと思っていたんですが、粘り強くつないできた。流れがずっとあっちにあり、意識的に笑顔を出したりして雰囲気を変えようとしたんですが……。次に対戦したときには、レシーブから攻めの展開にうまくもっていきたいし、体力がなさそうなので長いラリーをガマンしたいと思います」

廣田「レシーブから攻撃という自分たちのかたちにもっていけず、気持ちに余裕がなくて焦りもあった。余裕があるときには相手のポジションなどもよく見えるんですが……また、焦りが攻め急いでのミスにつながり、それが相手を勢いに乗せてしまったのかなと思います。ただ、お客さんが多く、「フクヒロがんばれ」の声援もよく聞こえて、それは力になりました。ホームの試合で優勝したい気持ちは強かったんですが……」

渡辺勇大(右)/東野有紗(日本ユニシス)

結果:チャンPS/ゴーLY(マレーシア)に0-2で敗戦

渡辺「相手の女子選手が積極的に前に入ってきていて、自分たちのほうが後手に回ってしまいました。理想は女子選手を後ろに下げて左右に振ることでしたが、男子選手もカバーにきますし、下がり際のクオリティも高かった。要所での連続攻撃が素晴らしいものがあったので、そこの差が出たのかなと思います。これで終わりではないので、いい経験ができたと思って、しっかり反省をして、課題を明確にして次につなげたいと思います」

東野「もっと自分が上で取れればよかったのですが、相手の女子選手のほうが速く前に入ってきていた。そこで自分が引いてしまう部分が多かったです。久しぶりの連戦で緊張してしまう部分もあったり、もったいないミスが自分のなかで多かった。これでは、中国の上の2ペアにはまだまだ追いつけないと思います。今後はそういう部分を少なくしていきたい。まだ来週も試合が続くので、しっかり準備して頑張りたいです」

 

取材・文/楊順行、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原 淳


投稿日:2019/07/26

人気記事ランキング