【ジャパンOP】「ノープレッシャーでできて、勝っちゃったみたいな感じ」(常山)<選手コメント-1>

7月23日より開幕したダイハツ・ヨネックスジャパンOP(東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ/Super750)。初日は、各種目の1回戦が行なわれた。ここでは、シングルスで2回戦進出を決めた常山幹太、奥原希望、桃田賢斗の3選手のコメントを紹介する。

初日の結果はこちらコメント2

常山幹太(トナミ運輸)

結果:諶龍(中国)に2-0で勝利し、2回戦進出

「勝ててうれしいです。前回ストレート負けしたアジア選手権では長いラリーが多かったので、今回も長いラリーを我慢してやっていこうと思っていました。1ゲーム目を取ったあと、2ゲーム目はリードされましたが、追いついたときに『よし、やってやろう』と。そういう気持ちでプレーしていたら、『勝っちゃった』みたいな感じです。相手の気持ちが引いていたのがわかって、こちらはノープレッシャーでできたし、今日は球のコントロールとか、上からのショットのキレがよかった。今大会の目標は、一戦一戦、全力で走ることです」

奥原希望(太陽ホールディングス)

結果:川上紗恵奈(北都銀行)に2-0で勝利し、2回戦進出

「緊張しました。相手に勢いに乗らせずに戦うことを心がけ、2ゲームでは相手がスピードを上げてきましたが、リードされても落ち着いてできたと思います。いつも試合では、課題をいろいろ意識してプレーしています。相手に対応する試合にシフトチェンジできていない部分もありますが調子はわるくありません。常に自分のやってきたことの答え合わせをしていますが、そこはブラさずやっていきたいところです。インドネシアからきのう朝帰国して、体はだいぶきつい。ベッドで早く横になりたいと何度思ったことか、という状態ですが(笑)。自分の応援が聞こえる中でできることは幸せだと思います。次も応援していただけるよう頑張ります。五輪はまだ意識していません。あせらず自分らしく、一戦一戦やりたいです」

桃田賢斗(NTT東日本)

結果:H・K・ヴィテンフス(デンマーク)に2-0で勝利し、2回戦進出

「1ゲームは、出足は足を動かしてコートを広く使ってリードできましたが、そこから相手の気迫あるプレーに押されてしまいました。(接戦となった)2ゲームももっとアグレッシブにやればよかったと反省しました。ただ、ミスはしましたが、スピードあるプレーができたのでよかったです。きのうの記者会見で、競った場面で弱気にならないように、といってしまったので(笑)、2ゲーム目で17オールになったときには、しっかり押していこうと思いました。出し惜しみしてる場合ではないと、1試合目からアグレッシブにいきました。最後にガッツポーツをしたのは、2-0で終わらせたかったから。2連覇をねらう気持ちで挑んでいるので、あそこで1ゲームを落とすと響くかなと思っていました。アウェーと違って応援が力になるので、持っているものを出しきりたいです」

取材・構成/江國晴子、バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原 淳


投稿日:2019/07/23

人気記事ランキング