【ジャパンOP】「勝ったときは少し寂しさがあった(桃田)」<選手コメント−1>

9月14日に開催されたダイハツ・ヨネックスジャパンOP(東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ/Super750)は、4日目に各種目準々決勝が行なわれた。ここでは、シングルスに出場した桃田賢斗、林丹(中国)のコメントを紹介しよう。

<ダイジェスト>

初日の結果は こちら/2日目の結果は こちら

3日目の結果 シングルスダブルス

4日目の結果 シングルスダブルス

<選手コメント>

初日

2日目−1

3日目−1

4日目−1

ジャパンOP2018

桃田賢斗

結果:林丹(中国)に2−0で勝利し、準決勝進出

「今日はいつもとは違う感情でコートに立ったというか……試合前に絶対に勝ちたいと思うと緊張するんですが、今日は林丹選手とやっと試合ができるという気持ちで、緊張よりはフワフワしていました。

それでも、コートに立ったときに、ファンの方々から応援の声をいただいて、長いラリーでも我慢強くプレーすることができたのがよかったと思います。林丹選手はすごくディフェンスがうまい選手なので、自分から攻めすぎるときつくなる。林丹選手が勝つパターンは、林丹選手が後ろに何度もショットを打って、相手はそのショットを打ちにいって走らされ、疲れさせられて負けるパターンが多いので、今日は林丹選手が攻めてくるまで自分もしっかり足を入れて後ろに打ち返して、逃げてきた球を上で取ろうという作戦でコートに入りました。それを実行できたのでよかったかなと思います。

ジャパンOP2018

(今日は大会序盤に比べて声が少なかったが)昨日までは(気持ちが)熱くなりすぎて視野が狭かったので、今日に関しては、強い気持ちは心の中で燃やし、(頭では)冷静にプレーするといういいバランスで試合ができていました。勝ちが見えたあたりで声を出そうかなとも思ったのですが、相手に“勝ち急いでいる”と思われて戦い方を変えられるリスクもあったので、最後まで冷静にプレーしました。

(あこがれの存在を超えられたか)勝ったときは少し寂しさがありました。でも、自分がやらなきゃな、という気持ちも芽生えてきていますし、レジェンドの選手たちに対してもいまはあこがれているだけではダメだという思いもあります。明日は同世代の選手との対戦(ビクター・アクセルセン)で、東京オリンピックで対戦するであろう選手だと思うので、しっかりしたパフォーマンスができるように準備したいと思います」

ジャパンOP2018

林丹(中国)

結果:桃田賢斗に0−2で敗れ、準々決勝敗退

「対戦したのは3年前の全英OP。もともと桃田選手は優秀な選手でしたが、プレースタイルはもちろん、技術やスピードも向上しています。ただ、これまで長い間、対戦することがなかったので、自分としては、ここで戦えたことはよかったと思っています。いい選手とは常に対戦していないと、その選手について大抵のことは分かりませんから。しかも、彼は今日、絶好調の状態でプレーをしていました。今の桃田選手はオールラウンドプレーヤーに近いといっていいでしょう。

今後、まだまだ彼と戦っていくことになると思うので、自分としては、今日の試合はいい教訓になる。これからコーチと反省点を洗い出しますが、次に対戦するとしたら、プレーの中でもっとスピードを乗せられるようにして、ミスを少なくする必要があると思います」

ジャパンOP2018

取材・構成/田辺由紀子

写真/菅原 淳


投稿日:2018/09/15

人気記事ランキング

閉じる