バトミントンTOP海外ニュースワールドツアー ≫ 【ジャパンOP】「3年前と比べて、すべてで強くなっている(桃田)」<選手コメント-1>

【ジャパンOP】「3年前と比べて、すべてで強くなっている(桃田)」<選手コメント-1>

9月13日に開催されたダイハツ・ヨネックスジャパンOP(東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ/Super750)は、3日目に各種目の2回戦が行なわれた。ここでは、シングルスに出場した桃田賢斗、奥原希望のコメントを紹介しよう。

初日の結果はこちら/2日目の結果はこちら

3日目の結果 シングルスダブルス

選手コメント:初日2日目−12日目−2

3日目-13日目-2

ジャパンOP2018

桃田賢斗(NTT東日本)

結果:ラスムス・ゲンク(デンマーク)に2−0で勝利し、準々決勝進出

「初戦にいいリズムでプレーできたので、少し飛ばしすぎてしまったり、大きくリードをとったときに少し気持ちが緩んでしまったところがありました。相手にスキを見せてしまい、2ゲーム目が少し苦しい展開になってしまったところが反省点です。

次に対戦する林丹は、昔からあこがれの選手というのはありますが、自分がトップに立ちたいと思ったら絶対に超えなくてはいけない壁。明日は、あこがれという思いを捨てて勝ちにいきたいと思います。

(3年前の全英OP以来の対戦)3年前と比べて、自分はすべてにおいて強くなっていると思う。コートに入ったときに“自分のほうが劣っている”と思ったら勝てないので、“いまは自分のほうが強い”という気持ちをしっかり持って、気持ちで負けないようにしたい」

ジャパンOP2018

奥原希望(日本ユニシス)

結果:佐藤冴香に2−0で勝利し、準々決勝進出

「初戦から1日空いたことでコンディションはよかったです。昨日は(練習はせず)1日休みました。今日は動きがよかったので、その選択がよかったのだと思います。

(佐藤との対戦では)ラリーだけだと負けるので、後ろからの駆け引きを使って、スピードに変化をつけてプレーしました。次に対戦する中国選手は勢いがありますが、受け身にならなければ勝てると思う。今大会はホームゲームということで、家族や友達が応援に来てくれていますが、結果ではなく全力でプレーしているところを見てもらいたいと思って臨んでいます。

アジア大会の団体戦でも自分が背負うという気負いをやめてプレーしましたが、今は日本選手も強い選手が多いので、ホームでやるときも特別自分が背負う気持ちを持たずに、気楽に目の前の1球に集中してプレーしています」

取材・構成/田辺由紀子

写真/菅原 淳


投稿日:2018/09/14