【全英OP2019】「大きい舞台を楽しんで、全力を尽くしたい」(松本)<選手コメント-2>

3月9日にが開催されたBWFワールドツアー・Super1000の全英OP(イングランド・バーミンガム)4日目は、各種目準決勝が行なわれ、日本代表選手らが決勝進出をねらい世界各国のトップランカーと対戦した。ここでは、選手のコメントを紹介しよう。

初日の結果はこちら/選手コメントはこちら

2日目の結果はこちら

選手コメント1コメント2

3日目の結果はこちら

選手コメント1コメント2

4日目の結果はこちら

松本麻佑(右)/永原和可那

(米元/田中に2−0で勝利)

松本「今日は(自分たちの)いいところが見えたし、落ち着いて試合を楽しむことができました。(決勝は)この大きい舞台を楽しんで、全力を尽くせるようにしたい。決勝の舞台に立つのはそうないと思いますし、経験値を上げる意味でも。(昨年から)1年間かけて、自分たちをみつめて練習に取り組んでいけたのかなと思います」

永原「初戦から日本人ペアが相手であったり、今回は山が厳しいところがあったけど、勝ち上がれているのは自信になっています。自分たちのいいところを出せたし、個の力が二人の力になって、いまはすごくいいパフォーマンスができていると思います」

園田啓悟(左)/嘉村健士

(セティアワン/アッサンに0−2で敗戦)

嘉村「もったいない、の一言。相手がケガをして動けない中での戦いだったけど、相手を動かすことができなかった。ただ悔しい」

園田「ベスト4で終わり、悔しい思いしかない。相手は緩急がうまくてドライブでいこうとしたら、落としてきたり。とにかく緩急が上手だった」

米元小春/田中志穂(左)

(松本/永原に0−2で敗戦)

米元「こういう(シャトルが飛ばない)環境と(強打が持ち味の)対戦相手の時に、自分たちがどういうプレーをしていくのかにこだわって、またやっていきたいです。(五輪レースまでに)戦略の部分で、成功したラリーを増やせるようにしたい」

田中「全英はこのベスト4を越えられない。相手がどうこうというよりは、この全英のベスト4を越えたかった。そんなに自分たちのプレーも悪いわけではないけど、もう一本我慢しないといけないところだったり、仕掛けていかないといけないところだったりが今日はなかった。やはりまだ、もっと自分たちのプレーを固めていって、隙がないようにしないといけないと思います」

福島由紀/廣田彩花(右)

(陳清晨/賈一凡に0−2で敗戦)

廣田「結果的に負けてしまったけど、昨日までは自分が気持ち的に引いてしまったりして、福島先輩にすごく助けられた部分がありました。今日は思いきって自分たちらしいプレーをしようと思って入った。いいプレーも所々で出せたと思うけど、負けたのはとても悔しいです」

福島「(相手は)左、右で攻撃的なスタイルはすごく強い。中国らしいネットプレーも(終盤にかけてプレーがよくなったのは)ちょっと開き直った部分もあったかなと思う。朴さん(柱奉監督)や丁さん(中島慶コーチ)のアドバイスでも『自分たちからスピードを上げて』と、2ゲーム目の後半は後ろからいわれていた。その助言通り、しっかりと足を動かしてやっていこうと思っていました」

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/03/10

人気記事ランキング

閉じる