【全英OP2019】「しっかりコートはカバーできた」(桃田)<選手コメント-1>

3月8日にが開催されたBWFワールドツアー・Super1000の全英OP(イングランド・バーミンガム)3日目は、各種目準々決勝が行なわれ、日本代表選手らが上位進出をねらい世界各国のトップランカーと対戦した。ここでは、選手のコメントを紹介しよう。

初日の結果はこちら/選手コメントはこちら

2日目の結果はこちら

選手コメント1コメント2

3日目の結果はこちら

桃田賢斗

(スリカンス・キダムビに2−0で勝利)

「攻撃力のある選手なので、コートを広く使おうと思いました。(第1ゲーム序盤は)相手のクリアーが予想以上に深いところまできていたので、あまり攻撃できなかったけど、先手は取られないように、しっかりとコートはカバーできていたと思います。そこは昨日の反省を生かしました。自分はスロースターターなので、11―9でリードできたのは上出来だと思います」

常山幹太(石宇奇に0−2で敗戦)

「全体的についていけていなかったです。ラリーをしようとしても向こうの速さ、ショットの精度がすごくよかった。上からのショットが全然わからなくて、こっちもラリーしようにも自信がなくなるような感じでした。(多少リードした1ゲーム目前半も)相手のミスで点数をもらっているだけで、決めた球はなかったと思う。向こうのミスで点数が入った感じです。相手は決め球プラス、こっちのミスで点数が入っているから、試合の運び的にはよかったと思います」

山口茜(何冰嬌に2−0で勝利)

「(終盤に逆転で失った第2ゲームは)前半から中盤にかけて自分のペースを落としてしまい、相手のペースで試合が進んでしまいました。最後は勝ち急いだし、2ゲーム目は反省点が多いです。ファイナルゲームは中盤まで我慢して、相手が我慢できなくなるまで我慢できたのでよかったです。全英は、いいプレーにはすごく歓声をもらえるのでうれしい。(戴資穎との準決勝は)挑戦者のつもりでやれればいいなと思います」

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/03/09
■関連キーワード

                     

人気記事ランキング