【全英OP2019】「こっちがガツガツいける試合だった」(常山)<2回戦・選手コメント-1>

3月7日にが開催されたBWFワールドツアー・Super1000の全英OP(イングランド・バーミンガム)2日目は、各種目2回戦が行なわれ、日本代表選手らが上位進出をねらい世界各国のトップランカーと対戦している。ここでは、注目選手のコメントを紹介しよう。

初日の結果はこちら/選手コメントはこちら

2日目の結果はこちら

常山幹太(西本拳太に2−0で勝利)

「相手が気持ち的に引いたので、こっちがガツガツいこうと思える試合でした。昨年この大会で対戦した時は自分が受け身になって負けていたので、それを反省し、今日は自分からいこうと思っていました。グレードの高い大会でこうやって1回1回勝つのは難しいので、自信になっています」

桃田賢斗

(カンタフォン・ワンチョレン〔タイ〕に2−0で勝利)

「負け試合を拾ったような感じで、1ゲーム目を取ることができました。明日はもっと厳しい戦いになる。試合までの準備をしっかりとしたいです」

園田啓悟(右)/嘉村健士

(ボー/モーゲンセン〔デンマーク〕に2−0で勝利)

園田「相手が(ペアとして)最後の試合ということで、本当に勝ちたい気持ちで臨みました。勝つことができてうれしいです。明日(準々決勝)からタフな試合になると思うので、しっかり気持ちで乗り越えていけたらと思います」

嘉村「サービスまわりがすごくうまい相手なので、その部分だけ集中することができれば自分たちの方が上だと思っていました。サービスまわりで点数を取れたのが勝利につながったと思います。二人で組む最後の大会と聞いていたので、最後に試合をやりたい気持ちもありました」

遠藤大由(奥・左)/渡辺勇大

(ゴーVS/タンWK〔マレーシア〕に0−2で敗戦)

遠藤「相手はスマッシュが速いので、いい体勢で打たせないようにやるつもりでした。今回は自分が全体的に悪い。プランとか関係なく。足が動かなかったし、そういうので少しずつズレてきた。課題を見つけてやったつもりですけど、自分がダメすぎて、そこまでにいたらなかった感じです。もう少しレシーブで振ったり、ハーフを使いたかった。ロブも普通のロブで何の工夫もなく、いい体勢で打たれてしまいました」

渡辺「相手の攻撃が素晴らしかったし、守備でもエースを何本も止められた。相手は格上でしたし、僕らは大会にたくさん出てランキングは上だけど、相手の方が実力は上でした。もう少し攻撃の形に持っていけたらよかったと思います」

▼放送予定

バドミントン全英OP2019

CSテレ朝チャンネル2にて

2日目から決勝まで独占放送!

詳しくはこちら!

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/03/08
■関連キーワード

                              

人気記事ランキング

閉じる