【S/Jリーグ2019】ヨネックス、山陰合同銀行が2−0で快勝!<5・6&7・8位順位決定戦>

12月20日に『JTB S/Jリーグ2019』の順位決定戦が富山県・東洋通信スポーツセンター(高岡市民体育館)で開催された。男女各ブロック3・4・5位のチーム同士が対決して最終順位を決める決定戦。ここでは、女子の3位チーム同士による5・6位決定戦、4位チーム同士の7・8位決定戦のダイジェストを紹介する。

男子順位決定戦(5〜8位)はこちら

男子順位決定戦(9・10位)はこちら

女子順位決定戦(9・10位)はこちら

【5・6位決定戦】

ブロック3位同士の対決となったヨネックスとACT SAIKYOの勝負は、ヨネックスが2−0の快勝でリーグ5位を確保した。

第1ダブルスは、チームの大黒柱である櫻本絢子/髙畑祐紀子を起用するヨネックスに対して、ACT SAIKYOもブロックリーグで2勝を挙げた川島美南/齋藤夏をぶつける。前半は櫻本/髙畑がアクトペアのレシーブに攻めあぐねる場面もあったが、後半に押し切って21-17で先制。第2ゲームは勢いに乗ったヨネックスペアが11-6で折り返すと、そのまま攻撃の手を休めず21-12に封じて2−0で勝利した。

シングルスは、ヨネックスが全日本総合女子シングルスでベスト8に入った髙橋明日香でポイントをねらうと、ACT SAIKYOは「齋藤(栞)と林(樂)で迷いました」(増田敏雄監督)という中、調子が上がっていたという齋藤栞で勝負に出る。しかし、前半からスピードに乗った攻撃を披露したのが髙橋だった。連続得点でリードを広げて21-9。さらに、第2ゲームも的確にコースを突いて主導権を握らせなかった髙橋が、10-2、14-8とセーフティリードを保ちながら試合を進めて21-10で勝利を飾った。

昨季トップ4を経験しているヨネックス・内藤祐輔監督は「今季は“一戦一戦に集中する”というテーマの中で勝ちきろうとしましたが、結果は5位に終わってしまった。今日の試合を2−0で勝てたのは次に生かせますが、この成績をしっかり受け入れて、上をめざすには何が必要かをしっかり考えていきたい」と振り返っている。

▼5・6位決定戦

ヨネックス(S3位)2−0 ACT SAIKYO(J3位)

櫻本絢子/髙畑祐紀子②〔21−17、21−12〕0●川島美南/齋藤夏

髙橋明日香②〔21−9、21−10〕0●齋藤栞

保原彩夏/宮浦玲奈(試合なし)中村麻裕/重田美空

2−0で勝利しエースの役割をしっかり果たした櫻本絢子(右)/髙畑祐紀子
第1ゲームで好勝負を演じたACT SAIKYOの川島美南(右)/齋藤夏

【7・8位決定戦】

ブロック4位チーム同士の対戦となった、山陰合同銀行とNTT東日本の勝負。若手中心で挑むNTT東日本に対し、先制したのは山陰合同銀行だった。第1ダブルスの横山恵里香/矢﨑月子が、NTT東日本の永井瀬雰/鈴木陽向(内定・埼玉栄高)に対して積極的に仕掛けてポイント重ねると、21-10でゲームを制す。さらに、第2ゲームに入っても横山恵/矢﨑が攻撃の手を緩めずに21-11で快勝。シングルスエースの漆﨑真子につなげる。

第1ダブルスを2−0で快勝した山陰合同銀行の横山恵里香(左)/矢﨑月子

その漆﨑真子も、総合ベスト8に入ったNTT東日本の大家夏稀に対して、第1ゲームこそ18-21で落としたものの、第2ゲームは21-12、ファイナルゲームは21-17で逆転勝利。山陰合同銀行が2−0のストレートでNTT東日本を退けて7位。NTT東日本は8位で今季のリーグ戦を終えている。

順位決定戦で勝利を飾った山陰合同銀行。「(リーグ戦は)前半戦がいつもよくない」と振り返ったのは田部実智代監督だ。積極的に若手を起用し、ベテラン・福万尚子のダブルスでポイントをつかみにいったが、うまく白星に結びつかず、「チームにはどこか甘えがあったと思う。漆﨑が取ってくれる、福万が取ってくれるという人任せがあった」(田部監督)。それでもブロックで1勝し、順位決定戦でも白星を奪取。「選手たちが腹をくくって試合に臨んだ」という田部監督は、「結果に関しては、もう少し上(の順位)にはいきたかったです。でも、練習などを見ても、出た選手だけではなく、試合に出なかった選手の成長も見られた。私の中では手応えもありました」と、今季を総括している。

▼7・8位決定戦

山陰合同銀行(J3位)2−0 NTT東日本(S3位)

横山恵里香/矢﨑月子②〔21−10、21−11〕0●永井瀬雰/鈴木陽向

漆﨑真子②〔18−21、21−12、21−17〕1●大家夏稀

久後あすみ/福万尚子(試合なし)尾﨑沙織/朝倉みなみ

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/井出秀人


投稿日:2019/12/20

人気記事ランキング