【S/Jリーグ2019】三菱自動車京都とジェイテクトが白星つかむ!<男子5・6&7・8位順位決定戦>

12月20日に『JTB S/Jリーグ2019』の順位決定戦が富山県・東洋通信スポーツセンター(高岡市民体育館)で開催された。男女各ブロック3・4・5位のチーム同士が対決して最終順位を決める決定戦。ここでは、男子の3位チーム同士による5・6位決定戦、4位チーム同士の7・8位決定戦のダイジェストを紹介する。

女子順位決定戦(5〜8位)はこちら

男子順位決定戦(9・10位)はこちら

女子順位決定戦(9・10位)はこちら

【5・6位決定戦】

ブロックリーグでは、ともに2勝をマークして3位に入った三菱自動車京都と東海興業が対戦。第1ダブルスで先勝したのは三菱自動車京都だった。三菱自動車京都の第1複に出場した内田裕太郎/三上楓(上写真・左)は、東海興業のエース森田浩平/間瀬亮介と対戦し、第1ゲームを19本で奪われてしまう。しかし、内田/三上は第2ゲームから立て直すと、21-14で1−1とした後、ファイナルゲームも14本に抑えてチームに流れを引き寄せた。

そして、三菱自動車京都は続くシングルスに昨季4勝のエース、常山明良が出場。常山は内定選手ながら今季のシングルス全試合に出場している西野勝志を相手に、第1ゲームを14本で奪取。すると、第2ゲームも16本と常山が西野に貫禄を見せつけてストレート勝ち。三菱自動車京都が第2ダブルスにまわすことなく勝利を決めた。

これにより、三菱自動車京都は2年連続の5位と中位をキープすることに成功。一方で、敗れた東海興業だが、トップカテゴリー復帰1年目の難しいシーズンを、6位という好成績で終えた。

▼5・6位決定戦

三菱自動車京都(S3位)2−0 東海興業(J3位)

内田裕太郎/三上楓②〔19-21、21-14、21-14〕1●森田浩平/間瀬亮介

常山明良②〔21-14、21-16〕0●西野勝志

疋田聖也/西谷春樹(試合なし)嘉村昌俊/真川嵩平

三菱自動車京都のシングルスエース・常山が2−0でチームの勝利に貢献
ファイナル勝負の接戦を展開した東海興業の森田(右)/間瀬

【7・8位決定戦】

ブロックリーグでは、ともに中盤戦以降に1勝を上げてブロック最下位を免れた金沢学院クラブとジェイテクト。7・8位決定戦に臨んだ両チームの試合は、昨季6位のジェイテクトが序盤から圧倒する展開となった。

まず、第1ダブルスではジェイテクトの小林晃/宮嶋航太郎(上写真・左)が、荒井大輝/中田政秀という金沢学院クラブのエースダブルスに競り勝ち、第1ゲームを21-17で先制する。この流れは第2ゲームに入っても変わることなく、試合を優位に進めた小林/宮嶋がストレート勝ちして、チームを勢い付けることに成功した。

シングルスは、ジェイテクトが内定選手の野田悠斗、金沢学院クラブがルーキーの道下凌我と、若手同士の対決に。道下はチームの勝利以外にも地元・富山での大会で意地を見せたかったところだが、第1ダブルスのいい流れを受けた野田が21-11、21-12と圧勝。ジェイテクトは、全日本総合で8強に入った市川和洋/馬屋原大樹の第2ダブルスを出場させることなく勝利した。

S/Jリーグ2年目のジェイテクトは、昨季の6位から順位を落として7位。金沢学院クラブは順位を1つ上げる8位という結果で2019年シーズンを終えた。

▼7・8位順位決定戦

ジェイテクト(J4位)2−0 金沢学院クラブ(S4位)

小林晃/宮嶋航太郎②〔21-17、21-14〕0●荒井大輝/中田政秀

野田悠斗②〔21-11、21-12〕0●道下凌我

市川和洋/馬屋原大樹 〔試合なし〕 西方優馬/川原祥人

シングルスで勝利を飾ったジェイテクトの野田
金沢学院クラブの荒井(左)/中田は第1ゲーム17本と接戦を演じたが、第2ゲームは14本と失速

取材・文/吉井信行

写真/幡原裕治


投稿日:2019/12/20
■関連キーワード

         

人気記事ランキング