【S/Jリーグ2019】東北マークスが2−1でJR北海道を下し、S/J残留決定!<男子9・10位決定戦>

12月20日に『JTB S/Jリーグ2019』の順位決定戦が富山県・東洋通信スポーツセンター(高岡市民体育館)で開催された。男女各ブロック3・4・5位のチーム同士が対決して最終順位を決める決定戦。ここでは、男子の5位チーム同士による9・10位決定戦のダイジェストを紹介する。

男子順位決定戦(5〜8位)はこちら

女子順位決定戦(5〜8位)はこちら

女子順位決定戦(9・10位)はこちら

【男子9・10位決定戦】

S/JリーグⅡとの入替戦がない今季。負ければ下部リーグ降格が決まる重要な一戦に挑んだのは、ブロック5位の東北マークスとJR北海道。この大事な試合の第1ダブルスに、東北マークスは伊佐勇希/佐伯健人を起用。対するJR北海道は渡部大/光島理貴。

先勝して主導権を握りたい両者だが、第1ゲームは18-16と伊佐/佐伯がリードする。しかし、JR北海道の渡部/光島はここから5連続得点で第1ゲームを奪うと、第2ゲームも中盤の競り合いから抜け出して21-14で制して、JR北海道がS/Jリーグ残留に向けて王手を掛けた。

あとがない東北マークスだが、この後に控えるのはブロック2勝のシングルスエース・菊地裕太と、ダブルスエースの鈴木大裕/三浦光將。東北マークスがここから反撃を開始する。まず、シングルスで菊地が、JR北海道の加藤太基を21-15、25-23と苦しみながらもストレート勝ち。すると、第2ダブルスの鈴木/三浦もこの流れに続いた。

東北マークスの菊地が白星をつかみチームの勝利に大きく貢献

鈴木/三浦は、第1ゲームこそ18-21で武石優斗/中峰信太朗に先制を許したが、第2ゲームは19オールから抜け出して21-19。ファイナルゲームも終盤までもつれる点の取り合いとなったが、最後は鈴木/三浦が突き放して18本。東北マークスがJR北海道を2−1で退けてS/Jリーグ残留を決定。「楽な試合はなかったですが、選手が気持ちを切らさずにやってくれた」と東北マークスの諸多大輔監督。一方、2014年以来の下部リーグ降格が決まった、JR北海道の髙島雅彦助監督は「自分たちの実力を痛感して、そこからまた這い上がっていきたい」と前を向いていた。

▼9・10位決定戦

東北マークス(J5位)2−1 JR北海道(S5位)

伊佐勇希/佐伯健人●0〔18-21、14-21〕②渡部大/光島理貴

菊地裕太②〔21-15、25-23〕0●加藤太基

鈴木大裕/三浦光將②〔18-21、21-19、21-18〕1●武石優斗/中峰信太朗

緊張の第2ダブルスを制したのは東北マークスの鈴木(左)/三浦。この勝利でS/J残留が決まった
第1ダブルスを2−0で制したJR北海道の渡部(左)/光島。この勢いを勝利につなげたかったが、後続が失速

◆S/Jリーグ男子順位(5位〜10位まで)

5位 三菱自動車京都

6位 東海興業

7位 ジェイテクト

8位 金沢学院クラブ

9位 東北マークス

10位 JR北海道

取材・文/吉井信行

写真/幡原裕治


投稿日:2019/12/21

人気記事ランキング