【S/Jリーグ2019】再春館製薬所と日本ユニシスが首位通過!<女子・順位&組み合わせ>

11月2・3日に開幕した『JTB S/Jリーグ2019』は、男女各ブロックの最終戦が12月15日に行なわれた。1カ月半にわたって実施されたブロックのリーグ順位が決まり、トップ4と順位決定戦の対戦カードが発表。各ブロックのリーグ順位、そして富山・高岡市で開催される順位決定戦(12月20日)、トップ4(12月21・22日)の対戦カードは以下の通り。

▼Sブロック

トップ4進出

1位 再春館製薬所(3勝1敗)

2位 アメリカンベイプ岐阜(3勝1敗)

◆順位決定戦

3位 ヨネックス(2勝2敗)

4位 NTT東日本(1勝3敗)

5位 七十七銀行(1勝3敗)

※1位と2位はマッチ率、4位と5位はポイント率

▼Jブロック

◆トップ4進出

1位 日本ユニシス(4勝0敗)

2位 北都銀行(3勝1敗)

◆順位決定戦

3位 ACT SAIKYO(2勝2敗)

4位 山陰合同銀行(1勝3敗)

5位 広島ガス(0勝4敗)

■トップ4(12月21・22日)

再春館製薬所(S1位) ― 北都銀行(J2位)

日本ユニシス(J1位) ― アメリカンベイプ岐阜(S2位)

※各ブロック2位は抽選による

■順位決定戦(12月20日)

5・6位(3位同士) 

ヨネックス ― ACT SAIKYO

7・8位(4位同士)

NTT東日本 ― 山陰合同銀行

9・10位(5位同士)

七十七銀行 ― 広島ガス

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2019/12/16
■関連キーワード

         

人気記事ランキング