【五輪レース前半振り返り】中国2強が好スタート!渡辺&東野も安定した成績残す!<混合ダブルス>

8月のビッグイベント、第25回世界選手権(スイス・バーゼル)で6個のメダルを獲得した日本代表は、9月上旬の強化合宿を終え、17日から開幕する中国OP(常州/Super1000)に参戦する。ここでは、来年の東京五輪出場をかけた五輪レースが始まった5月から8月までの前半戦を振り返りながら、中盤戦(9月〜12月)に向けて各種目を展望していく。

男子シングルスはこちら

女子シングルスはこちら

男子ダブルスはこちら

女子ダブルスはこちら

【混合ダブルス】

インドネシアOP(S1000)

優勝:鄭思維/黄雅瓊(中国)

準優勝:王懿律/黄東萍(中国)

3位:タンKM/ライPJ(マレーシア)、チャンPS/ゴーLY(マレーシア)

ジャパンOP(S750)

優勝:王懿律/黄東萍(中国)

準優勝:ジョルダン/オクタビアンティ(インドネシア)

3位:ファイザル/ウィジャジャ(インドネシア)、チャンPS/ゴーLY(マレーシア)

タイOP(S500)

優勝:王懿律/黄東萍(中国)

準優勝:渡辺勇大/東野有紗

3位:鄧俊文/謝影雪(香港)、デチャポル/サプシリー(タイ)

世界選手権

優勝:鄭思維/黄雅瓊(中国)

準優勝:デチャポル/サプシリー(タイ)

3位:渡辺勇大/東野有紗、王懿律/黄東萍(中国)

混合ダブルスは、中国2強が際立っている。世界選手権で2連覇を達成した鄭思維(チェン・シーウェイ/写真右)/黄雅瓊(ファン・ヤーチョン)は、準決勝と決勝戦で世界ランク上位のペアと対戦。そこでは、王者らしい力強いラリーを展開して勝利を収めるなど、他国の強豪ペアとの実力差を見せつけた。

5月以降に出場した大会は「4」と数を抑えているが、それは五輪レースの先にある東京五輪・金メダルを見据えてもの。中盤戦以降も、当然トップを譲らる気はない。また、2強の一角である王懿律(ワン・イーリュ)/黄東萍(ファン・ドンピン)も、ジャパンOPとタイOPで連続優勝を飾るなど好調をキープ。上位4大会の優勝はこの中国2ペアが手にしており、他国に付け入る隙を与えていない。

これに続く活躍を残しているのが、インドネシアOPとジャパンOPで連続ベスト4の成績を残したチャン・ペンスン/ゴー・リューイン(写真左)のマレーシアペア。同国代表チームを離れ、ペアでツアーを転戦している二人は、トップクラスの実力を持ちながらも、好不調の波が大きい一面がある。だからこそ、前半戦でしっかり上位成績を継続できたことは、中盤戦の戦いに向けてプラス材料。前回リオ五輪では銀メダルを手にしたペアだけに、この後もしっかり上位戦線に踏みとどまりたい。

世界選手権で銀メダルのデチャポル(写真左)/サプシリーは、今年に入って大きく飛躍したペア。前半戦でも地元タイOPでベスト4に入るなど、各大会で上位に入る機会が増えている。2人のスピーディーな攻撃の軸を担うのは、女子選手のサプシリー。相手の攻撃に対しても、果敢に押し返してポイントを奪いにいく。デチャポルもカバー力が少しずつ向上しており、五輪レースの中でさらなる成長が期待できるペアだ。

今年1月に混合ダブルスのレジェンド・ナトシールが現役を引退したインドネシアは、現在2ペアが好結果を残している。その一つがジャパンOP準優勝のジョルダン(写真右)/オクタビアンティ。ジョルダンはスサントとのペアで世界ランクでも上位に位置していたが、五輪レースは若手のオクタビアンティとのペアで臨んでいる。「レースのプレッシャーはとくにない。目の前の試合に勝つだけ」とジョルダンは話しており、同じく好調のファイザル/ウィジャジャとともに、五輪レースを戦い抜く。

日本の渡辺/東野(写真左)は、世界選手権で銅メダル、タイOPベスト4など安定した結果を残して前半戦を終えた。中国2強との勝負では苦しい結果が続いているが、それ以外のペアであれば十分に勝ち負けに持っていけるだけに、中盤戦以降も各大会での上位進出の期待が高まる。

このほか、今後の五輪レースを盛り上げるのは、香港の鄧俊文(タン・チュンマン)/謝影雪(ツェ・イエンスエット)や、マレーシアのタン・キァンメン/ライ・ペイジン、韓国の徐承宰(ソ・スンジェ)/蔡侑玎(チェ・ユージュン)。欧州勢からはベテランのC・アドコック/G・アドコック(イングランド)や、ドイツのラムスフス/ハートリッチなどが上位進出をねらう。

■9月以降の主要大会

9月/中国OP(S1000)

9月/韓国OP(S500)

10月/デンマークOP(S750)

10月/フランスOP(S750)

11月/福州中国OP(S750)

11月/香港OP(S500)

12月/ワールドツアーファイナルズ(中国・広州)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/09/17

人気記事ランキング

閉じる