【全英OP2019】福島&廣田が昨年のリベンジなるか!?高橋&松友も3年ぶり優勝に挑む!<女子ダブルス展望>

3月6日〜10日まで、BWFワールドツアー・全英OP2019(イングランド・バーミンガム)が開催される。ワールドツアーの中でも格付けが高いSuper1000の大会には、世界のトップランカーが一挙に集結する。毎年、各種目ともに初戦から激しい試合を展開しており、バドミントンファンにとっては大注目の大会だ。

男子シングルスはこちら/男子ダブルスはこちら

女子シングルスはこちら/混合ダブルスはこちら

100年以上の歴史を持つ全英OPでは、日本選手も優勝を果たしている。近年では2016年に女子シングルスの奥原希望、女子ダブルスの髙橋礼華/松友美佐紀がW優勝を飾り、昨年は混合ダブルスで同種目では初めて渡辺勇大/東野有紗が頂点に立った。今年も各種目で優勝候補が多数いる日本代表の活躍を期待して、全英OP2019の展望を紹介していく(世界ランキングは2月26日付)。

▼放送予定

バドミントン全英OP2019

CSテレ朝チャンネル2にて

2日目から決勝まで独占放送!

詳しくはこちら!

【女子ダブルス展望】

昨年は3ペアが準決勝に勝ち進んだ女子ダブルス。しかし、その中で決勝に進んだ福島由紀/廣田彩花は、惜しくもデンマークペアに敗れて準優勝に留まった。今回は5ペアが全英OPの出場資格を得ており、2016年に髙橋礼華/松友美佐紀が優勝して以来、日本勢にとって3年ぶりの優勝をねらう。

第1シードは世界ランキング1位の福島由紀/廣田彩花が入り、1回戦で袁倩瀅(ユエン・シーイン)/吴芷柔(ン・ツィヤウ/香港)と対戦する。相手は世界ランク30位でまだまだ発展途上のペアだけに、ここをしっかり勝って全英初優勝に向けて弾みをつけたいところ。福島/廣田が順当に勝ち抜くと、準々決勝ではドイツOP準決勝で敗れている李茵暉(リ・インフイ)/杜玥(ドゥ・ユエ)や、タイのサプシリー/プティタ、G・ストエワ/S・ストエワ(ブルガリア)といった混戦の山を勝ち上がったペアと対戦する。

残りの4ペアは福島/廣田と反対側の山に固まった。

第2シードでドイツOP準優勝の髙橋礼華/松友美佐紀は、初戦から韓国の鄭景銀(ジュン・キュンユン)/張藝娜(ジャン・イェナ)の強敵と激突する。過去の対戦成績は3勝1敗で髙橋/松友が勝ち越しているものの、張藝娜は2017年の全英を制した実績を持つだけに(当時のペアは李紹希/イ・ソヒ)、髙橋/松友にとってはやっかいな相手となりそう。相手の強打をしっかり食い止め、自分たちのリズムに持ち込めるか。

昨年ベスト4の成績を残した米元小春/田中志穂は、初戦でインドのポンナッパ/レッディと対戦する。ベテランのポンナッパはパンチのある攻撃や独特のリズムで仕掛けてくるだけに、米元/田中としてはレシーブから主導権を握ってポイントにつなげたい。

米元/田中と同じく、前回の全英OPでベスト4に入った松本麻佑/永原和可那は、櫻本絢子/髙畑祐紀子との日本人対決に挑む。世界女王でもある松本/永原は、今年1月のインドネシアマスターズ(Super500)とマレーシアマスターズ(Super500)で2大会連続ベスト4の成績を残した。2018年の1年間で着実にレベルアップを遂げた二人にとっては、飛躍つながった全英で再び好結果をつかみたいところ。全英初出場となる櫻本/髙畑は、大舞台でどこまで自分の力を発揮できるか。勝ち上がったペアは2回戦以降、今年のインドネシアマスターズ準優勝の金昭英(キム・ソヨン)/孔熙容(コン・ヒーヨン/韓国)や世界ランク6位の李紹希(イ・ソヒ)/申昇瓚(シン・ソンチャン/韓国)といったペアとの対戦が予想される。

【出場者】

WR1位:福島由紀(右)/廣田彩花
WR2位:髙橋礼華(右)/松友美佐紀
WR3位:松本麻佑/永原和可那(右)
WR7位:米元小春/田中志穂(左)
WR11位:櫻本絢子(手前)/髙畑祐紀子

全英選手権:1899年に第1回大会をロンドンで開催。当初は男子ダブルス、女子ダブルス、混合ダブルスの3種目で行なわれた(翌年から男女シングルスも実施)。バドミントンの国際大会としては、最も歴史と伝統のあるオープントーナメントとして知られている。1977年に世界選手権が開催される以前は、世界の頂点を決める大会として世界のトップ選手が出場し、多くの名勝負を繰り広げてきた。日本選手は1960〜70年代にかけて、女子シングルスに出場した高木紀子、湯木博恵、竹中悦子などが優勝。女子ダブルスでも相沢マチ子/竹中悦子、徳田敦子/高田幹子などが頂点に立っている。最近では2016年に女子シングルスの奥原希望、女子ダブルスの髙橋礼華/松友美佐紀が単複W制覇を遂げたほか、2018年は混合ダブルスの渡辺勇大/東野有紗が、同種目日本勢初の優勝を飾っている。

2018年混合ダブルス優勝を飾った渡辺勇大(右)/東野有紗

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/03/04

人気記事ランキング