【全国中学校2023】強さ際立った山城政人が男子シングルスを制覇!<男子シングルス>

8月23日に開催された第53回全国中学校大会(高知・春野総合運動公園体育館)最終日は、個人戦4種目の準決勝、決勝が行なわれた。ここでは、山城政人が頂点に立った、男子シングルスのダイジェストを紹介する。

男子団体
決勝ダイジェストは
こちら

女子団体
決勝ダイジェストは
こちら

男子個人
ダイジェストはこちら

女子個人
ダイジェストはこちら

【最終日ダイジェスト】

前回大会ベスト4で優勝候補の山城政人(ふたば未来学園/上写真)と、昨年の全日本ジュニア新人の部準優勝の成績を残した山脇弘奨(金屋)が激突した準決勝。「これまで何回も試合をして、勝ったり負けたり」と両者が話したライバル対決は、第1ゲーム前半に山城がリードを奪う。ネット勝負からラリーの主導権をつかみ、得意なスマッシュにつなげて8−2。序盤こそやや硬さがあった山脇は、速いテンポにも慣れて11−8まで点差を縮める。すると、ここからポイントの奪い合い。後半までもつれた勝負は20-19で強烈なスマッシュを叩き込んだ山城が、第1ゲームを制した。

第2ゲームに入ると、序盤からスピード勝負を仕掛ける山城。ラリー戦が得意な山脇は「大きな展開に持っていきたかった」とスローペースに持ち込もうとしたが、そうはさせまいと積極的にアタックを仕掛ける。後半は先手をつかんでラリーを進めた山城が点差を広げ、21−13で勝利。決勝へと進んだ。

もう一つの準決勝は、横田寛人(砂川)と2年生の山口晃央(埼玉栄)の勝負。前半からネット前で優位に立ったのが横田。第1ゲームを21-17で制すと、第2ゲームもリズムよく攻撃を仕掛けて山口を抑える。なんとか反撃の糸口を見つけたい山口も、ねばり強くチャンスを探ったが、後半スピードを上げられず。第2ゲームも横田が先行し、21-12。決勝の切符をつかんだ。

日本一が決まる頂上決戦。これまで前半からリードを奪ってそのまま押し切る展開が多かった山城だが、横田(上写真)との勝負は「初めて戦うので、しっかり相手を見るようにした」と慎重な姿勢。一方、全国大会では初の決勝進出となった横田は、「相手のスマッシュが速いので、上げないように」と山城の持ち味を封じる作戦。すると、これが功を奏し、横田が得意のネット前から鋭いロブで山城を追い込み22−20で先制する。

第1ゲームを奪われた山城だったが、プレッシャーがかかる場面を何度も経験しているだけあって、冷静さを失わない。横田のプレーや配球は、1ゲーム目でしっかりインプット。ネット前からの前後の打ち分けを警戒しながら、スピードを上げて自分のペースに持ち込む。第2ゲームを21-10で取り返すと、最終ゲームも主導権を握ったまま試合を進めて21-7で逆転勝利。優勝候補の重圧を乗り越えた山城が、日本一の栄光を手にした。

優勝を決めてガッツポーズで喜びを表現した山城。大会後は「プレッシャーもあった」と振り返ったが、大会を通して見せた安定感のあるラリーと強烈なスマッシュは圧巻だった

【優勝コメント】

山城政人
(ふたば未来学園)

決勝の相手は初めて対戦する相手だったので、何をしてくるかわからない部分がありました。1ゲーム目は相手のことをしっかり見て、2、3ゲーム目は細かい部分を修正することができたのがよかったです。第1ゲームを取られて少し焦りはあったけど、そこまで大きいものではなかった。取り返せると思っていました。プレッシャーがある中で優勝できたことにホッとしています。

【結果(23日)】

▼準決勝

山城政人(ふたば未来学園)②〔21−19、21−13〕0●山脇弘奨(金屋)

横田寛人(砂川)②〔21−17、21−12〕0●山口晃央(埼玉栄)

▼決勝

山城政人②〔20−22、21−10、21−7〕1●横田寛人

全国中学校大会の詳報や写真、全記録を掲載する『バドミントン・マガジン10月号』は9月22日(金)より発売予定。熱戦の軌跡を誌面でも、ぜひご覧ください!

取材・文/バドミントン・マガジン編集部

写真/梅原沙織

投稿日:2023/08/24
■関連キーワード

         

閉じる