【インドネシアマスターズ】「自分の中でのオンとオフの切り替えが大事になってくる」(桃田賢斗)<選手コメント/準決勝-2>

11月20日にBWFワールドツアー・インドネシアマスターズ(バリ/Super750)5日目が行なわれた。ここでは、準決勝を戦った選手のコメントを紹介する。

▼結果

初日結果 / 2日目結果

3日目結果 / 4日目結果

MS:桃田賢斗
周天成(台湾)に21−19、21−11で勝利。

−−今大会は“シャトルが重い”と言われているが、その中でストレート勝ちを続けている。

シャトルが重いというのはみんな同じ状況なので、特にネガティブな考えはないです。一球一球、強い気持ちでプレーしようと思っているだけですね。

−−(準決勝で勝った)周天成には9勝している

特に差があるとは思っていない。いつも自分のほうが少しだけラッキーかな、と感じているだけです。

−−大会は3週間続くが、コンディションについては?

1週間でこの(疲労が残っている)状況。再来週(ワールドツアーファイナルズ)は試合に出られるかわからないけど、来週は試合(インドネシアOP)がある。このようなスケジュールがずっと続くと、多分ケガをする選手が出てくると思います。自分の中でやる時とやらない時、オンとオフの切り替えが大事になってくるかなと思います。

▼選手コメント

4日目(11月19日)
桃田賢斗 / 山口茜

保木卓朗&小林優吾

3日目(11月18日)
桃田賢斗 / 山口茜

2日目(11月17日)
髙橋沙也加

構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO

投稿日:2021/11/20

人気記事ランキング