【インドネシアマスターズ】「どっちが我慢できるかの勝負でした」(保木卓朗)<選手コメント/準々決勝-3>

11月19日にBWFワールドツアー・インドネシアマスターズ(バリ/Super750)4日目が行なわれた。ここでは、準々決勝を戦った選手のコメントを紹介する。

▼結果

初日結果 / 2日目結果

3日目結果 / 4日目結果

MD:保木卓朗(左)/小林優吾
準々決勝はデンマークのアストルップ/ラスムセンに19−21、21−14、21−19で勝利。

保木 最後はタフなゲームになったので、どっちが我慢できるかの勝負でした。我慢しながら“攻める時は攻める”、“守る時は守る”をはっきりさせたら、いい形ができたと思います。(デンマークOP決勝でも対戦したが)前回は少しスマッシュで決まるイメージがあったけれども、今日は(相手の)レシーブがすごくよくて、(自分たちが)回される場面が多かった。でも、そこで我慢することができたのがよかったと思います。

▼選手コメント

4日目(11月19日)
桃田賢斗 / 山口茜

3日目(11月18日)
桃田賢斗 / 山口茜

2日目(11月17日)
髙橋沙也加

構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO

投稿日:2021/11/19

人気記事ランキング