【インドネシアマスターズ】「いまは疲れがすごく溜まっている」(桃田賢斗)<選手コメント/準々決勝-1>

11月19日にBWFワールドツアー・インドネシアマスターズ(バリ/Super750)4日目が行なわれた。ここでは、準々決勝を戦った選手のコメントを紹介する。

▼結果

初日結果 / 2日目結果

3日目結果 / 4日目結果

MS:桃田賢斗
準々決勝でラスムス・ゲンケと対戦し21−15、21−5で勝利。

ーー第2ゲームの点差について

コートが滑るので、それを相手が気にして集中力を欠いたのかなと思います。

ーー次の試合に向けて手応えをつかんだか

いまは疲れがすごく溜まっている。だから、一番最初の試合を終えられたことで、少し休養が取れるかなと思います。(休養をとれることが)明日につながるかなと思います。

ーー準決勝の周天成について

相手はすごくスピードとパワーがある選手。自分がいかにそれを耐えられるか、集中力を切らさずにディフェンスができるか(が大事)だと思っているので、しっかり準備しようと思います。

▼選手コメント

4日目(11月19日)
桃田賢斗 / 山口茜

保木卓朗/小林優吾

3日目(11月18日)
桃田賢斗 / 山口茜

2日目(11月17日)
髙橋沙也加

構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO

投稿日:2021/11/19

人気記事ランキング