【WTF2020】マリーン、アクセルセンなど優勝候補が順当に決勝に進出!<準決勝結果>

1月30日に開催されたBWFワールドツアーファイナルズ2020(タイ・バンコク)4日目は、各種目の決勝トーナメント準決勝が行なわれた。

予選リーグの組み合わせはこちら

初日の結果はこちら

2日目の結果はこちら

3日目

シングルスの結果はこちら

ダブルスの結果はこちら

優勝候補が順当に上位進出を果たした女子シングルス。決勝の切符を手にしたのはタイOP2連続優勝中のキャロリーナ・マリーン(スペイン/上写真)と、そのマリーンと決勝を2回争った戴資穎(タイ・ツーイン/台湾)。マリーンは地元タイのポンパウィ・チョチュウォン(タイ)を2-0のストレートで、戴資穎も韓国のアン・セヨン(韓国)を18本、12本に抑えて頂上決戦にコマを進めた。

決勝は3週連続で同じ対戦カードに。マリーンは「今日は自分のパフォーマンスに満足している。戴資穎と3週連続で決勝戦を戦うのは大変だけど、明日の勝負を楽しみにしたいと思います」と、ラスト1試合に向けて全力を注ぐ。

男子ダブルスは3週連続優勝に挑む王齊麟(ワン・チーリン)/李洋(リーヤン/台湾/上写真左)と、セティアワン/アッサン(インドネシア)が決勝に進出。王齊麟/李洋はイングランドのレーン/ベンディを第1ゲーム22-20で制し、第2ゲームも21-17で振り切って連続優勝に王手をかけた。もう一方の山から勝ち上がったセティアワン/アッサンは、韓国の催率圭(チェ・ソルギュ)/徐承宰(ソ・スンジェ/韓国)を34分で退けて、大会連覇にあと1勝としている。

女子ダブルスは韓国の李紹希(イ・ソヒ)/申昇瓚(シン・ソンチャン)、金昭英(キム・ソヨン)/孔熙容(コン・ヒヨン)の2ペアが決勝に進出。混合ダブルスは3週連続優勝をねらうタイのデチャポル/サプシリー(上写真左)が、快進撃を見せいていたフランスのジケル/デリューを2-0で退けて決勝に進出。もう一つの準決勝でマレーシアペアを下した徐承宰(ソ・スンジェ)/蔡侑玎(チェ・ユジュン/韓国)と優勝を争う。

男子シングルスはアンダース・アントンセン(デンマーク/上写真)と王子維(ワン・ツーウェイ/台湾)の勝負を、アントンセンが2-1で制して決勝に進出。もう一つの準決勝、ビクター・アクセルセン(デンマーク)と周天成(チョウ・ティエンチェン/台湾)の対戦は、第1ゲームを16本で制したアクセルセンが、続く第2ゲームも9本に抑えて勝利。男子シングルス決勝は、アントンセンとアクセルセンのデンマーク対決が決まった。

準決勝の結果は以下の通り。

【男子シングルス】

▼準決勝(1月30日)

ビクター・アクセルセン(デンマーク)②〔21−16、21−9〕0●周天成(台湾)45分

アンダース・アントンセン(デンマーク)②〔21−18、14−21、21−16〕1●王子維(台湾)80分

▼決勝戦(1月31日)

ビクター・アクセルセン − アンダース・アントンセン

【女子シングルス】

▼準決勝(1月30日)

戴資穎(台湾)②〔21−18、21−12〕0●アン・セヨン(韓国)37分

キャロリーナ・マリーン(スペイン)②〔21−13、21−13〕0●ポンパウィ・チョチュウォン(タイ)40分

女帝・戴資穎(手前)が3大会連続で決勝へ。マリーンに3度目の正直となるか

▼決勝戦(1月31日)

戴資穎 – キャロリーナ・マリーン

【男子ダブルス】

▼準決勝(1月30日)

王齊麟/李洋(台湾)②〔22−20、21−17〕0●レーン/ベンディ(イングランド)42分

セティアワン/アッサン(インドネシア)②〔23−21、21−13〕0●催率圭/徐承宰(韓国)34分

昨年の大会覇者、セティアワン(右)/アッサンが2年連続で決勝に進出

▼決勝戦(1月30日)

王齊麟/李洋 – セティアワン/アッサン

【女子ダブルス】

▼準決勝(1月30日)

李紹希/申昇瓚(韓国)②〔21−14、21−15〕0●チョウMK/リー・MY(マレーシア)49分

金昭英/孔熙容②〔21−11、12−21、21−16〕1●ジョンコパン/ラウィンダ(タイ)69分

トヨタタイOP優勝の金昭英/孔熙容(右)が、2週連続優勝をかけて韓国対決に挑む

▼決勝戦(1月30日)

李紹希/申昇瓚 – 金昭英/孔熙容

【混合ダブルス】

▼準決勝(1月30日)

徐承宰/蔡侑玎(韓国)②〔21−19、21−8〕0●ゴーSH/ライSJ(マレーシア)39分

デチャポル/サプシリー(タイ)②〔21−15、21−17〕0●ジケル/デリュー(フランス)44分

▼決勝戦(1月30日)

デチャポル/サプシリー − 徐承宰/蔡侑玎

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO

コメント/BWF(世界バドミントン連盟)

投稿日:2021/01/31

人気記事ランキング