【WTF2019】予選リーグ組み合わせが決定!男子ダブルスは日本の2ペアが同組に!

12月11日に開幕するBWFワールドツアーファイナルズ(中国・広州)の組み合わせ抽選会が、9日に行なわれた。

2019年に開催されたBWFワールドツアーの獲得ポイントの順位で出場者が決まるWTファイナルズは(アジア選手権やスディルマン杯などのポイントは対象外)、各種目のランク上位8名/ペアに出場の権利が与えられる(世界選手権優勝者にも付与)。1カ国・地域から最大2名/ペアが出場できるが、日本からは5種目に合計12名が参戦。週末のJTB S/Jリーグ2019に出場した選手もいるなか、ワールドツアー年間王者が決まるファイナルズの過酷な勝負に挑むことになる。

WTファイナルズは、2つの予選リーグ(各4名/ペア)の上位2選手/ペアが決勝トーナメントに進出。準決勝、決勝と勝ち抜いた者が、年間王者の栄光を手にすることができる。日本は過去に女子ダブルスの髙橋礼華/松友美佐紀(2014、18年)、米元小春/田中志穂(2017年)、男子シングルスの桃田賢斗(2015年)、女子シングルスの奥原希望(2015年)、山口茜(2017年)が頂点に君臨しているが、今季は五輪レースにも直結する高ポイント獲得を念頭に入れながら、各選手たちが優勝をめざすことになる。

各種目の予選リーグの組み合わせは以下の通り。

WTファイナルズ2019のグループリーグをテレ朝chで放送!

放送予定はこちら

■男子シングルス

◎グループA

桃田賢斗(日本)

ジョナタン・クリスティ(インドネシア)

王子維(台湾/ワン・ツーウェイ)

アンダース・アントンセン(デンマーク)

◎グループB

周天成(台湾/チョウ・ティエンチェン)

諶龍(中国/チェン・ロン)

ビクター・アクセルセン(デンマーク)

アンソニー・S・ギンティン(インドネシア)

男子シングルス出場選手はこちら

■女子シングルス

◎グループA

陳雨菲(中国/チェン・ユーフェイ)

山口茜(日本)

何冰嬌(中国/へ・ビンジャオ)

プサルラ・V.シンドゥ(インド)

◎グループB

ラチャノック・インタノン(タイ)

奥原希望(日本)

戴資穎(台湾/タイ・ツーイン)

ブサナン・ンバルンパン(タイ)

女子シングルス出場選手はこちら

■男子ダブルス

◎グループA

ギデオン/スカムルヨ(インドネシア)

園田啓悟/嘉村健士(日本)

李俊慧(中国/リ・ジュンフイ)/劉雨辰(リュウ・ユチェン)

遠藤大由/渡辺勇大(日本)

◎グループB

セティアワン/アッサン(インドネシア)

王齊麟(台湾/ワン・チーリン)/李洋(リー・ヤン)

盧敬堯(台湾/ルー・チンヤオ)/楊博涵(ヤン・ポーハン)

アーロン・チア/ソー・ウィーイク(マレーシア)

男子ダブルス出場選手はこちら

■女子ダブルス

◎グループA

福島由紀/廣田彩花(日本)

陳清晨(中国/チェン・チンチェン)/賈一凡(ジャ・イーファン)

ポリイ/ラハユ(インドネシア)

李茵暉(中国/リ・インフイ)/杜玥(ドゥ・ユエ)

◎グループB

松本麻佑/永原和可那(日本)

金昭英(韓国/キム・ソヨン)/孔熙容(コン・ヒヨン)

ジョンコパン/ラウィンダ(タイ)

李紹希(韓国/イ・ソヒ)/申昇瓚(シン・ソンチャン)

■混合ダブルス

◎グループA

デチャポル/サプシリー(タイ)

王懿律(中国/ワン・イーリュ)/黄東萍(ファン・ドンピン)

徐承宰(韓国/ソ・スンジェ)/蔡侑玎(チェ・ユジュン)

チャン・ペンスン/ゴー・リューイン(マレーシア)

◎グループB

鄭思維(中国/ツェン・シーウェイ)/黄雅瓊(ファン・ヤーチョン)

ジョルダン/オクタビアンティ(インドネシア)

ファイザル/ウィジャジャ(インドネシア)

渡辺勇大/東野有紗(日本)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/12/09
■関連キーワード

                     

人気記事ランキング