【WTファイナルズ2019】世界王者・桃田賢斗が堂々の1位で出場権獲得!<男子シングルス>

12月11日〜15日に開催されるBWFワールドツアーファイナルズ(中国・広州)の出場権獲得者が決定した。その年に活躍した精鋭たちによって争われるWTファイナルズは、2019年に開催されたBWFワールドツアー(1月第1週〜11月第4週まで)の成績が反映された“WTランキング”の上位8選手/8ペアに出場資格が与えられる(世界選手権優勝者も自動的に出場権を獲得)。また、このWTファイナルズは、五輪レースに直結する世界ランキングの高ポイントを手にすることができるため、出場選手たちとってはメリットの大きい大会だ。

ここでは、男子シングルスの出場権を獲得した選手たちを紹介する(出場確定は後日発表)。

【男子シングルス】

1位 桃田賢斗(日本)

主な成績(2019年)///世界選手権優勝、全英OP優勝、中国OP優勝(Super1000)、ジャパンOP・デンマークOP・福州中国OP優勝(Super750)

2位 周天成(チョウ・ティエンチェン/台湾)

主な成績///インドネシアOP(Super1000)優勝、韓国OP準優勝(Super500)シンガポールOP4強(Super500)、アジア選手権4強

3位 ジョナタン・クリスティ(インドネシア)

主な成績///ジャパンOP準優勝、フランスOP準優勝、福州中国OP4強(Super750)、香港OP4強(Super500)、ニュージーランドOP優勝、オーストラリアOP優勝(Super300)

4位 諶龍(チェン・ロン/中国)

主な成績///フランスOP優勝、デンマークOP準優勝、マレーシアOP準優勝(Super750)、中国OP4強(Super1000)

5位 ビクター・アクセルセン(デンマーク)

主な成績///インドOP優勝(Super500)、全英OP準優勝(Super1000)、デンマークOP4強、フランスOP4強(Super750)、シンガポールOP4強(Super500)

6位 アンソニー・S・ギンティン(インドネシア)

主な成績///中国OP準優勝(Super1000)シンガポールOP準優勝、香港OP準優勝(Super500)フランスOP4強(Super750)

7位 アンダース・アントンセン(デンマーク)

主な成績///世界選手権準優勝、インドネシアOP準優勝・中国OP4強(Super1000)、スペインマスターズ準優勝(Super300)ヨーロッパ選手権優勝

8位 王子維(台湾)

主な成績///韓国OP4強・インドOP8強(Super500)オーストラリアOP4強(Super300)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2019/11/27
■関連キーワード

                  

人気記事ランキング