【WT準決勝】「トップ選手に勝つには、まだまだ足りない物が多過ぎる」(渡辺)<選手コメント-1>

12月15日に開催されたBWFワールドツアーファイナルズ(中国・広州)4日目は、各種目決勝トーナメント・準決勝が行なわれた。ここでは熱戦を繰り広げた選手たちのコメントを紹介しよう。

WTファイナルズ2018

渡辺勇大/東野有紗

王懿律/黄東萍(中国)に1−2で敗戦

渡辺「トップ選手に勝つには、まだまだ足りない物が多過ぎます。ドローに恵まれている部分などで、このランクにいますけど、実力的にはまだまだということをあらためて思い知らされて悔しいです。完全な打開策が用意できたわけではなく、一昨日よりも羽根が飛びやすい環境だったので、そのぶん、点数が取れたのかなと思います。来年は、まず勝てる相手に取りこぼしをしないこと。上を見過ぎず、ランクを維持していくことが大事。(さらに強い)上を食っていくのは、その次のイメージだと思っています」

東野「前回の対戦では、自分のレシーブがダメでした。今日は自信を持って臨みましたが、押されてしまう部分が多かったので、そこを強化をしていきたいです。最初に2連敗して、2-0で勝たなければ上がれないという状況になったところで、課題にしているコミュニケーションをしっかり取れたことが、今大会のよかったところだと思います。今年はコンスタントに結果を残せましたが、まだ勝負所で勝てなかったり、あと一歩というところで(勝利を)つかめなかったり。来年は、ランクを維持しないといけないので、今年よりももっと成績を残せるようにしたいです」

 組み合わせはこちら

予選リーグ:第1戦

シングルスのダイジェストはこちら

ダブルスのダイジェストはこちら

予選リーグ:第2戦

シングルスのダイジェストはこちら

ダブルスのダイジェストはこちら

予選リーグ第3戦

シングルスのダイジェストはこちら

ダブルスのダイジェストはこちら

取材・構成/平野貴也

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2018/12/15
■関連キーワード

            

人気記事ランキング