【WTファイナルズ】年間王者の称号は誰の手に!? 予選リーグの組み合わせが決定!

12月12日から16日にかけて開催されるBWFワールドツアーファイナルズ(中国・広州)の組み合わせ抽選会が10日に行なわれ、各種目・予選リーグの対戦相手が決定した。

WTファイナル2018
開催地となる中国・広州で行なわれた組み合わせ抽選会の様子

WTファイナルズは、2018年に開催されたBWFワールドツアー(Super1000〜100が対象)で獲得したポイントによるランキング上位者に出場権が与えられる。バドミントンの年間チャンピオンを決定戦する大会ともいわれ、その賞金総額は、WT大会の中で最も高い150万ドル(約1億6800万円)が設定されている。

WTファイナルズには、各種目のWTランキング上位8名・ペアが招待される。しかし、各国から出場できるのは最大2名・ペアまで。また、その年の世界選手権優勝者(オリンピック金メダリスト)は優先的に出場権が与えられる。大会は2つの予選リーグ(各リーグ4名・ペア)の上位2名・ペアが決勝トーナメントに進出。そのトーナメントを勝ち抜いた選手たちが、年間王者の称号を手にすることができる。

日本からは女子シングルス、女子ダブルスで2名・2ペアが出場。男子シングルス、ダブルス、混合ダブルスはそれぞれ1名・1ペアが参戦する。

各種目のリーグ戦組み合わせは以下の通り。

※かっこ内の順位はWTランキング、★は世界選手権優勝

◆男子シングルス

(優勝賞金:約1350万円)

WTファイナル2018

▼グループA

周天成(チョウ・ティエンチェン/台湾・1位)

石宇奇(シー・ユーチー/中国・4位)

孫完虎(ソン・ワンホ/韓国・5位)

アンソニー・シニスカ・ギンティン(インドネシア・8位)

▼グループB

桃田賢斗(日本・2位★)

トミー・スギアルト(インドネシア・3位)

カンタフォン・ワンチョレン(タイ・6位)

サミール・バラマ(インド・7位)

◆女子シングルス

(優勝賞金:約1350万円)

WTファイナル2018

▼グループA

戴資穎(タイ・ツーイン/台湾・1位)

山口茜(日本・3位)

プサルラ・V.シンドゥ(インド・6位)

ベイウェン・ツァン(アメリカ・11位)

▼グループB

奥原希望(日本・2位)

陳雨菲(チェン・ユーフェイ/中国・4位)

ラチャノック・インタノン(タイ・5位)

ミシェル・リー(カナダ・8位)

※世界選手権優勝・WTランク7位のキャロリーナ・マリーン(スペイン)は欠場。繰り上がりで11位のミシェル・リーが出場権を獲得

 ◆男子ダブルス

(優勝賞金:約1420万円)

WTファイナル2018

▼グループA

ギデオン&スカムルヨ(インドネシア・1位)

韓呈愷(ハン・チェンカイ)&周昊東(ツォウ・ハオドン/中国・4位)

李俊慧(リ・ジュンフイ)&劉雨辰(リュウ・ユチェン/中国・10位★)

アストルップ&ラスムセン(デンマーク・5位)

▼グループB

陳宏麟(チェン・フンリン)&王齊麟(ワン・チーリン/台湾・2位)

廖敏竣(リャオ・ミンチュン)&蘇敬恒(スー・チンヘン/台湾・3位)

セティアワン&アッサン(インドネシア・6位)

遠藤大由/渡辺勇大(日本・7位)

※WTランク10位の李俊慧/劉雨辰は世界選手権優勝で優先出場となるため、8位の園田啓悟/嘉村健士は出場ならず

◆女子ダブルス

(優勝賞金:約1420万円)

WTファイナル2018

▼グループA

髙橋礼華&松友美佐紀(日本・1位)

ポリイ&ラハユ(インドネシア・4位)

陳清晨(チェン・チンチェン)&賈一凡(ジャ・イーファン/中国・8位)

李茵暉(リ・インフイ)&杜玥(ドゥ・ユエ/中国・11位)

▼グループB

松本麻佑&永原和可那(日本・3位★)

ジョンコパン&ラウィンダ(タイ・5位)

李紹希(イ・ソヒ)&申昇瓚(シン・ソンチャン/韓国・6位)

G・ストエワ&S・ストエワ(ブルガリア・7位)

※松本麻佑&永原和可那が世界選手権優勝で優先出場となるため、WTランキング2位の福島由紀/廣田彩花は出場ならず。11位の李茵暉&杜玥が繰り上がりで出場

◆混合ダブルス

(優勝賞金:約1420万円)

WTファイナル2018 ▼グループA

鄭思維(ツェン・シーウェイ)&黄雅瓊(ファン・ヤーチョン/中国・1位★)

デチャポル&サプシリー(タイ・3位)

ゴー・スーン・ファット&ライ・シェボンジェミー(マレーシア・7位)

マーカス・エリス&ローレン・スミス(イングランド・8位)

▼グループB

渡辺勇大/東野有紗(日本・2位)

チャン・ペンスン&ゴー・リューイン(マレーシア・4位)

ハフィズ・ファイザル&グロリア・エマニュエル・ウィジャヤ(インドネシア・6位)

王懿律(ワン・イーリュ)/黄東萍(ファン・ドンピン/中国・5位)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真提供/BWF(世界バドミントン連盟)


投稿日:2018/12/10

人気記事ランキング

閉じる