バトミントンTOP海外ニュースワールドツアー ≫ 【Super500】西本拳太がストレート勝利で決勝に進出!<マレーシアマスターズ>

【Super500】西本拳太がストレート勝利で決勝に進出!<マレーシアマスターズ>

1月20日に開催されたBWFワールドツアー・マレーシアマスターズ(Super500/クアラルンプール)5日目は、各種目準決勝が行なわれた。

初日の結果はこちら/2日目の結果はこちら/3日目の結果はこちら

4日目の結果はこちら

男子シングルスは、西本拳太がデンマークのH・K・ヴィテンフスと対戦。第1ゲームを21-14で制した西本は、第2ゲームも11-6とリード。ここから一度は11-12と逆転を許したものの、再び16-12に盛り返すと、終盤の競り合いをモノにした西本が21-19で勝利。昨年10月のフランスOP以来の決勝進出を決めた。

マレーシアマスターズ
旧SSクラスの大会で2度目の決勝進出を果たした西本拳太

女子シングルスに登場した山口茜は、ラチャノック・インタノン(タイ)と激突。すると、第1ゲームは14オールから抜け出したインタノンが先取したものの、第2ゲームは15-16から逆転した山口が奪い返す。ファイナルゲームも一進一退のスコアになると。最後は18-19の場面から3連続ポイントを手にしたインタノンが勝利を飾り、決勝進出の切符を手にした。

マレーシアマスターズ
ワールドツアー初戦はベスト4に終わった山口茜

女子ダブルスには福島由紀/廣田彩花が勝ち残り、世界ランク1位の陳清晨(チェンチンチェン)/賈一凡(ジャ・イーファン/中国)と対戦した。第1ゲームは日本ペアが先制したが、第2ゲームは中国ペアが先行して勝負はファイナルゲームへ。中盤までは互いにポイントを奪い合ったが、徐々に中国ペアがリードを保つと、最後は21-14まで引き離して勝利。福島/廣田は昨年末のスーパーシリーズファイナルに続く決勝進出は果たせなかった。

マレーシアマスターズ
世界王者の陳清晨/賈一凡に1−2で敗れた福島由紀/廣田彩花(左)

準決勝の結果と決勝戦の対戦カードは以下の通り。

【男子シングルス】

ビクター・アクセルセン(デンマーク)②〔21−15、21−11〕0●ダレン・リュウ(マレーシア)36分

西本拳太②〔21−14、21−19〕0●H・K・ヴィテンフス(デンマーク)44分

▼決勝戦

ビクター・アクセルセン − 西本拳太

【女子シングルス】

戴資穎(台湾)②〔12−21、21−15、23−21〕1●キャロリーナ・マリーン(スペイン)79分

ラチャノック・インタノン(タイ)②〔21−15、16−21、21−19〕1●山口茜70分

▼決勝戦

戴資穎 − ラチャノック・インタノン

【男子ダブルス】

アルディアント/アルフィアン②〔15−21、21−16、21−17〕1●ピーターセン/コールディング65分

ゴーVS/タンWK(マレーシア)②〔21−16、21−17〕0●陳宏麟/王齊麟(台湾)34分

▼決勝

アルディアント/アルフィアン − ゴーVS/タンWK

マレーシアマスターズ
初の決勝進出を決めたインドネシアのアルディアント/アルフィアン(右)

【女子ダブルス】

リターユール/ペデルセン(デンマーク)②〔21−15、21−18〕0●李紹希/申昇瓚(韓国)47分

陳清晨/賈一凡(中国)②〔15−21、21−15、21−14〕1●福島由紀/廣田彩花60分

▼決勝

リターユール/ペデルセン − 陳清晨/賈一凡

【混合ダブルス】

鄭思維/黄雅瓊(中国)②〔21−13、21−16〕0●ファイザル/ウィジャヤ(インドネシア)29分

鄧俊文/謝影雪(香港)②〔14−21、21−12、21−13〕1●ゴーSH/ライSJ(マレーシア)59分

マレーシアマスターズ
昨年終盤から好結果を残している香港の鄧俊文/謝影雪

 

初日の結果はこちら/2日目の結果はこちら

3日目の結果はこちら/4日目の結果はこちら

◆2018年の大会日程はこちら

BWF:BWF主催大会

SUPER1000…SSプレミア相当

SUPER750…SSプレミア相当

SUPER500…SS相当

SUPER300…GPG相当

SUPER100…GP相当

IC…インターナショナルチャレンジ

文/バドミントン・マガジン編集部


投稿日:2018/01/20