【Super500】渡辺&東野は初戦突破ならず…<マレーシアマスターズ>

1月16日に開幕したBWFワールドツアー・マレーシアマスターズ(Super500/クアラルンプール)初日は、各種目予選、混合ダブルス1回戦が行なわれた。

2日目の結果はこちら/3日目の結果はこちら

昨年までのスーパーシリーズは、今年からワールドツアーに大会名称を変更。それにともない、大会の格付け(SSやGPGなど)の名称も変わり、SSプレミアがSuper1000と750、SSがSuper500、GPGがSuper300、GPがSuper100となった。今回のSuper500は、旧スーパーシリーズと同格の大会で、日本からはA代表らが参戦している。

大会初日は混合ダブルス1回戦に渡辺勇大/東野有紗が登場。インドネシアのジョルダン/オクタビアニと対戦すると、第1ゲーム23-25で落とし、第2ゲームも16-21で敗れ1回戦突破はならなかった。明日17日は各種目1回戦が行なわれ、日本のトップ選手らが多数出場する。

マレーシアマスターズ
第1ゲーム接戦となった渡辺勇大/東野有紗だが0−2のストレートで敗戦

なお、今年から日本A代表に復帰した男子シングルスの桃田賢斗は、代表合宿中に負傷し大会を欠場。また、昨年のジャパンOPで右ヒザを負傷した奥原希望、昨年末のSSファイナルで優勝した女子ダブルスの米元小春/田中志穂は、次週のインドネシアマスターズ(Super500/ジャカルタ)から参戦する予定だ。

混合ダブルスの結果、明日1回戦の対戦カードは以下の通り。

【男子シングルス】

坂井一将 − 王子維(台湾)

西本拳太 − リー・チョンウェイ(マレーシア)

【女子シングルス】

佐藤冴香 − ポンパウィ・チョチュウォン(タイ)

大堀彩 − 成池鉉(韓国)

山口茜 − 予選通過者

【男子ダブルス】

遠藤大由/渡辺勇大 − 羅卓謙/柯展聰(香港)

園田啓悟/嘉村健士 − クリスチャンセン/ダウガード(デンマーク)

井上拓斗/金子祐樹 − 李俊慧/劉雨辰(中国)

【女子ダブルス】

髙橋礼華/松友美佐紀 − オン/ウォン(シンガポール)

福島由紀/廣田彩花 − ルマムビ/アズカ(インドネシア)

【混合ダブルス】

渡辺勇大/東野有紗●0〔23−25、16−21〕②ジョルダン/オクタビアニ(インドネシア)38分

文/バドミントン・マガジン編集部

 

2018年の大会日程はこちら

BWF:BWF主催大会

SUPER1000…SSプレミア相当

SUPER750…SSプレミア相当

SUPER500…SS相当

SUPER300…GPG相当

SUPER100…GP相当

IC…インターナショナルチャレンジ


投稿日:2018/01/16
■関連キーワード

      

人気記事ランキング