【Super500】西本、山口らが準々決勝に進出!<マレーシアマスターズ> 

1月18日に開催されたBWFワールドツアー・マレーシアマスターズ(Super500/クアラルンプール)3日目は、各種目2回戦が行なわれた。

初日の結果はこちら/2日目の結果はこちら

男子シングルスでは、1回戦でリー・チョンウェイ(マレーシア)を破った西本拳太が中国の若手選手と対戦。第1ゲーム21-12で先制した西本は、第2ゲームこそデュースに持ち込まれたが、22-20で振り切ってベスト8入りを決めた。

マレーシアマスターズ
連勝で8強入りを決めた西本拳太

女子ダブルスは福島由紀/廣田彩花、髙橋礼華/松友美佐紀がそろって白星を飾り、準々決勝に進出。女子シングルスは、山口茜が世界ランク12位のニチャオン・ジンダポル(タイ)にファイナル勝負で競り勝ってベスト8に入った。

マレーシアマスターズ
2−0のストレート勝利を飾った髙橋礼華/松友美佐紀(手前)
マレーシアマスターズ
女子シングルスで唯一勝ち残った山口茜

男子ダブルスの遠藤大由/渡辺勇大は、昨年の世界王者・張楠/劉成(中国)に0−2のストレートで敗戦。園田啓悟/嘉村健士もインドネシアペアに17本、17本で敗れて上位進出はならなかった。

マレーシアマスターズ
インドネシアペアに敗れた園田啓悟(右)/嘉村健士

2回戦の結果、準々決勝の対戦カードは以下の通り。

【男子シングルス】

西本拳太②〔21−12、22−20〕0●黄宇翔(中国)41分

▼準々決勝

西本拳太 − 伍家朗(香港)

【女子シングルス】

山口茜②〔18−21、21−19、21−18〕1●ニチャオン・ジンダポル(タイ)66分

佐藤冴香●1〔21−9、15−21、14−21〕②何冰嬌(中国)52分

大堀彩●1〔18−21、21−17、11−21〕②リー・インイン(マレーシア)59分

▼準々決勝

山口茜 − 何冰嬌(中国)

【男子ダブルス】

遠藤大由/渡辺勇大●0〔11−21、13−21〕②張楠/劉成(中国)34分

園田啓悟/嘉村健士●0〔17−21、17−21〕②アルフィアン/アルディアント(インドネシア)33分

【女子ダブルス】

福島由紀/廣田彩花②〔21−15、22−20〕0●アワンダ/イストラニ(インドネシア)48分

髙橋礼華/松友美佐紀②〔21−15、21−11〕0●姜凱心/洪詩涵(台湾)33分

マレーシアマスターズ
台湾ペアに快勝した福島由紀(左)/廣田彩花

▼準々決勝

福島由紀/廣田彩花 − 黄東萍/李汶妹(中国)

髙橋礼華/松友美佐紀 − 李紹希/申昇瓚(韓国)

文/バドミントン・マガジン編集部

 

初日の結果はこちら/2日目の結果はこちら/3日目の結果はこちら

2018年の大会日程はこちら

BWF:BWF主催大会

SUPER1000…SSプレミア相当

SUPER750…SSプレミア相当

SUPER500…SS相当

SUPER300…GPG相当

SUPER100…GP相当

IC…インターナショナルチャレンジ


投稿日:2018/01/19
■関連キーワード

      

人気記事ランキング