【インドネシアOP2021】「ランキングが高い選手に勝てたのは自信になる」(西本拳太)<3日目/選手コメント-3>

11月25日にBWFワールドツアー・インドネシアマスターズ(バリ/Super750)3日目が行なわれた。ここでは、2回戦を戦った選手のコメントを紹介する。

インドネシアマスターズの結果はこちら

▼試合結果

初日結果 / 2日目結果

▼選手コメント

3日目
渡辺&東野、志田&松山

保木&小林

西本拳太 / 山口茜

2日目
保木卓朗/小林優吾

MS:西本拳太

2回戦は周天成(チョウ・ティエンチェン/台湾)に18−21、21−15、21−11で勝利。

−−試合を振り返って

1ゲーム目は自分がリードしていたのですが、終盤は相手のうまい試合運びにやられてしまいました。でも、そこを引きずらないように第2ゲームをできたことが、勝ちにつながったかなと思います。

−−周天成選手に勝って自信になったか

そうですね。周天成選手は非常に強い選手。ランキングも高いので、勝てたことは自信になります。明日も強い気持ちを持って挑んでいきたいと思います。

−−明日(準々決勝)はデンマークのラスムス・ゲンケ選手

今日の周天成選手と同様に、強打のある選手。気持ちの面、そして体の面でも準備していきたいと思います。頑張って勝ちたいと思います。

構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO

投稿日:2021/11/25
■関連キーワード

               

人気記事ランキング