【インドネシアOP】「二人で話し合っていいゲームができた」(渡辺勇大)<3日目/選手コメント-1>

11月25日にBWFワールドツアー・インドネシアマスターズ(バリ/Super750)3日目が行なわれた。ここでは、2回戦を戦った選手のコメントを紹介する。

インドネシアマスターズの結果はこちら

▼試合結果

初日結果 / 2日目結果

▼選手コメント

3日目
渡辺&東野、志田&松山

保木&小林

西本拳太 / 山口茜

2日目
保木卓朗/小林優吾

XD:渡辺勇大(右)/東野有紗

2回戦は張德正/吳詠瑢(香港)に21−17、21−12で勝利。

渡辺 疲れましたけど、二人で話し合っていいゲームができたと思います。(大会のレベルが)Super1000なので勝ちたい大会ですし、自分たちのベストを尽くすだけだと思っています。

WD:志田千陽/松山奈未

2回戦はプティタ/サプシリー(タイ)に21−17、21−17で勝利。

−−試合を振り返って

志田 先週の大会では準決勝で対戦しましたが、その時は自分があまりいいプレーができず、相手の球にも合わせることができませんでした。今日はその部分を修正して、向かっていくだけでした。100パーセントのパフォーマンスが出せたかというとそうではないけど、自分なりに修正できたかなと思います。

−−今大会の目標は?

松山 今回も、もちろん優勝をめざして頑張りたいですが、目の前の一戦一戦を勝ち上がらないと、その優勝には届きません。自分たちらしく 目の前の試合を一つひとつ勝ち上がって、結果として優勝できたらなと思います。

−−今回はアジア(インドネシア)での開催ですが、先月のヨーロッパの大会との違いなどはあるか

志田 私はヨーロッパの大会でケガをしてしまって、そこで試合とは違う悔しさを感じていました。今回の大会は、ケガが治って試合もできているので、勝負を楽しむことができているのかなと思います。

構成/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO

投稿日:2021/11/25
■関連キーワード

               

人気記事ランキング