【出発コメント】「国際大会は1年半ぶり。まずはスディルマン杯優勝が目標」髙橋沙也加

9月26日に開幕する世界国・地域別男女混合団体戦スディルマン杯(フィンランド・ヴァンター)に出場する日本代表が、9月21日(火)、出発前の取材に応じた。日本代表は、スディルマン杯のあと、トマス杯・ユーバー杯(10月9日~17日/デンマーク・オーフス)、デンマークOP(10月19日~24日/オーデンセ)、フランスOP(10月26日~31日/パリ)に出場。計6週間の遠征となる。ここでは、スディルマン杯で副キャプテン、ユーバー杯でキャプテンを務める髙橋沙也加のコメントを紹介する。

――久々の国際大会。個人的にはどのような心境で臨みますか

髙橋 国際大会自体が本当に久しぶりです。最初は団体戦になるので、団体戦ではチームのために自分が出た試合はチームに貢献できるように頑張りたいです。また今回、スディルマンカップは副キャプテン、ユーバー杯はキャプテンを務めるので、キャプテンの自覚を持ってしっかり自分らしいプレーできればいいなと思います。

――国際大会はいつ以来?

髙橋 前回出場した国際大会は、1年以上前。最後が2年前の全英OPです。そこから腰のケガがあったり、なかなか調子が上がらないということがありました。昨年のケガは引退も頭をよぎったんですが、やっぱりここで辞めたら悔いが残ると思って、リハビリなどで昨年は自分のペースで、焦らずにやってこられた。今年後半に入りましたが、しっかり自分らしいプレーができればいいなと思います。

――腰の状態は、全日本総合のときもよくないと言っていたが?

髙橋 そうですね。全日本総合のときは、本当に棄権するかしないかというところまできていて、無理にでも間に合わせたところがありました。力が入らなかったり、しびれが出たりとか、試合をできる状況ではなかったことは確かでした。(2015年秋に負った)ヒザの大きなケガ以来の、大きなケガでした。まだ100パーセントとは言えませんが、今の状態の中で最善を尽くして、練習もしっかりできているので、去年より強い自分を見せられればなと思います。

――ユーバー杯は五輪のダブルスペアがいない。シングルスで引っ張りたい思いは?

髙橋 もちろん、シングルスを取らないと勝負は厳しいというのもありますが、ダブルスも十分強いと思っています。チームが一つになってやれば、強いと思うので、まずは一人ひとりが自分が出た試合は絶対に取るという気持ちで頑張りたいなと思います。

――今後、世界選手権などもあるが?

髙橋 正直、今後のことはまだしっかり考えていなくて、まず目の前の試合、今ならスディルマン杯とユーバー杯をしっかり戦って、それがその後のデンマークOP、フランスOPにつながっていくと思っています。世界選手権ももちろん視野に入れながら、やってはいますが、まずは目の前の大会を一つ一つしっかり頑張りたいなと思います。

――今回のチームの雰囲気は

髙橋 みんな仲がよく、キャプテンだからこれをやるということはなくて…。一人ひとりが代表として、自覚をもってやってくれていると思うので、今のところは(キャプテンとしての)仕事はないですね。一人ひとり、自分らしいプレーができれば、結果はついてくると思っています。まずはスディルマンカップ優勝を目標に、一つひとつ頑張りたいです。

取材・写真/平野貴也

投稿日:2021/09/21

人気記事ランキング