【出発コメント】「プライドなどは捨ててゼロからチャレンジャー精神で向かっていく」桃田賢斗

9月26日に開幕する世界国・地域別男女混合団体戦スディルマン杯(フィンランド・ヴァンター)に出場する日本代表が、9月21日(火)、出発前の取材に応じた。日本代表は、スディルマン杯のあと、トマス杯・ユーバー杯(10月9日~17日/デンマーク・オーフス)、デンマークOP(10月19日~24日/オーデンセ)、フランスOP(10月26日~31日/パリ)に出場。計6週間の遠征となる。ここでは、スディルマン杯でキャプテンを務める桃田賢斗のコメントを紹介する。

――五輪以来の大会となります

桃田 オリンピックが終わって振り返ると、オリンピックに対して本当にやらなきゃやらなきゃという気持ちが強すぎて、視野が狭くなっていたかなと。振り返ってみたらそういう気持ちになったので、今回はオンとオフをしっかりつけて。団体戦ですし、日本チームはすごく仲がいいので、いい雰囲気で試合に臨めると思う。リラックスして自分のできることをしっかりやっていきたいなと思っています。

――五輪から気持ちの切り替えが難しかったのでは?

桃田 3日間くらいは、本当にすごく考えましたね。でも、考えた結果、自分の順位だったり目標とする設定に対して、気持ちが強すぎて空回りしてしまったというのがありました。自分の気持ちのつくり方というか向き合い方というのは、もっと楽に…じゃないですけど、柔らかい感じで、張りつめ過ぎず、柔軟に対応できるようなメンタルでいられたらいいかなと思います。

――キャプテンは指名された?

桃田 合宿の3日目とかそれくらいに、いきなり言われました。自分個人の意見としては、キャプテンに指名されたことで、練習態度など本当に手を抜けないなというのは思いましたし、言葉ではあまりうまく伝えられないので、取り組む姿勢で示していけたらいいかなと思っています。

――キャプテンの経験は?

桃田 中学生、高校生のときはキャプテンをやっていたんですけど、社会人になってからは初めてですね。

――どういったキャプテンを目指しますか

桃田 先輩たちがいなくなってしまったので、チームが本当に若くなっちゃいました。もう頼る人がいないので、みんなで持ちつ持たれつな感じで、ワイワイと元気に乗り越えていけたらいいかなと思っています。

――理想のキャプテン像は?

桃田 理想は、背中を見せて引っ張っていくというような感じですけど、それもなかなかできないので、みんなに頼りながら、一人ひとりが自覚をもってやっていけたらいいかなと思います。

――スディルマン杯後も大会が続くが、個人としての目標は?

桃田 全体で勢いに乗っていけるかどうかで個人戦の勢いも変わってくると思うので、まずは団体戦、チームジャパンとして勢いに乗れるように。今回は遠征が長いんですが、先のことは考えずに、一戦一戦、一球一球、集中力、気持ちを切らさずに取り組んでいけたらいいかなと思います。

――五輪後にいろいろと考えたというところで、パリ五輪を目指す気持ちというのは?

桃田 まだ、目指していないですね。目指していないというか、出られるなら出たいですけど、まだそこは見ていないというか。積み重ねの先にあればいいかなというのはあるんですけど。オリンピックの結果でしっかり自分の位置というのがわかったので、変なプライドなどは捨てて、ゼロからチャレンジャー精神で向かっていけたらいいかなと思います。

取材・写真/平野貴也

投稿日:2021/09/21

人気記事ランキング