【東京五輪】日本勢と同組のライバルたちが順調に白星を奪取!<3日目レポート-3>

7月26日に開催されている東京オリンピック・バドミントン競技(武蔵野の森 総合スポーツプラザ)3日目は、各種目の予選リーグを実施。ナイトセッションに日本代表選手は出場しなかったが、同じリーグ戦で戦う海外のライバルたちがしのぎを削った。

大会結果・選手コメント一覧は こちら

男子ダブルスは遠藤大由/渡辺勇大と同じB組のラスムセン/アストルップ(デンマーク/上写真・奥)が、ナイジェリアペアを2-0に封じて快勝。D組のシード、セティアワン/アッサン(インドネシア)も、マレーシアのアーロン・チア/ソー・ウィーイクを16本、19本に抑えてリーグ2勝目を手にした。

女子ダブルスは、福島由紀/廣田彩花と同じA組のポリイ(上写真・右)/ラハユ(インドネシア)がイギリスペアを2-0に抑えて勝利を飾れば、C組の李茵暉(リ・インフイ)/杜玥(ドゥ・ユエ/中国)もオーストラリアペアをストレートで退け、2つ目の白星をつかんでいる。また、混合ダブルスはD組のメダル候補、王懿律(ワン・イーリュ)/黄東萍(ファン・ドンピン/中国)が、前回リオ五輪の銀メダリスト、チャン・ペンスン/ゴー・リューイン(マレーシア)を13本、19本で制して、予選リーグ1位通過を決めている。

男子シングルスは、桃田賢斗と同じA組の許侊熙(ホ・クァンヒ/韓国/上写真)とティモシー・ラム(アメリカ)が激突。試合は許侊熙が第1ゲーム10本で制すると、第2ゲームも15本に抑えて勝利を飾った。

7月26日のナイトセッションの結果は以下の通り。

【男子シングルス】

許侊熙(韓国)②〔21-10、21-15〕0●ティモシー・ラム(アメリカ)36分

ナット・グエン(アイルランド)②〔21-16、21-14〕0●ニルカ・カルナラトネ(スリランカ)52分

ロー・ケンイゥ(シンガポール)②〔21-15、21-12〕0●アラム・マハムド(EOR)32分

【女子シングルス】

クリスティン・クウバ(エストニア)②〔21-19、21-13〕0●ダニエラ・マシアス(ペルー)43 分

マルティナ・レピスカ(スロバキア)②〔21-19、21-12〕0●ニッテ・アレジャンドラ・ソトマヨール(グアテマラ)41分

【男子ダブルス】

アストルップ/ラスムセン(デンマーク)②〔21-7、21-10〕0●オロファ/オペヨリ(ナイジェリア)26分

セティアワン/アッサン(インドネシア)②〔21-16、21-19〕0●A・チア/ソー・WY(マレーシア)34分 

【女子ダブルス】

ポリイ/ラハユ(インドネシア)②〔21-11、21-13〕0●スミス/バーチ(イギリス)42分

ピキ/セイネン(オランダ)②〔21-6、21-10〕0●ハニー/ホスニー(エジプト)25分

李茵暉/杜玥(中国)②〔21-9、21-12〕0●サマービル/マパサ(オーストラリア)36分

【混合ダブルス】

王懿律/黄東萍(中国)②〔21-13、21-19〕0●チャンPS/ゴーLY(マレーシア)37分

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/Getty Images

投稿日:2021/07/26
■関連キーワード

            

人気記事ランキング