【東京五輪】混合ダブルスの準々決勝・対戦カードが決定!渡辺&東野はタイペアと激突!

7月26日に東京オリンピック・バドミントン競技(武蔵野の森 総合スポーツプラザ)3日目が行なわれ、各種目の予選リーグが実施された。試合後は、予選リーグを終えた混合ダブルスの決勝トーナメント・組み合わせ抽選会が行なわれ、準々決勝の対戦カードが決定した。予選リーグ・グループCを1位通過した日本の渡辺勇大/東野有紗は、準々決勝(7月28日予定)でB組2位のデチャポル/サプシリー(タイ)と激突する。

大会結果・選手コメント一覧は こちら

渡辺勇大(左)/東野有紗はタイの難敵と準々決勝で激突

【混合ダブルス】

▼準々決勝(7月28日)

鄭思維/黄雅瓊(中国/A組1位) ― ジョルダン/オクタビアンティ(インドネシア/C組2位)

エリス/スミス(イギリス/B組1位) ― 鄧俊文/謝影雪(香港/D組2位)

渡辺勇大/東野有紗(日本/C組1位) ― デチャポル/サプシリー(タイ/B組2位)

王懿律/黄東萍(中国/D組1位) ― 徐承宰/蔡侑玎(韓国/A組2位)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/JMPA

投稿日:2021/07/26

人気記事ランキング