【全英OP2021】遠藤&渡辺が全英2連覇達成!奥原希望は5年ぶりの頂点に!<決勝戦結果>

321日に開催されたBWFワールドツアーヨネックス全英OP(バーミンガム/Super1000)最終日は、各種目決勝戦が行なわれた。日本勢は男子シングルスを除く4種目で決勝に進出。男子ダブルスの遠藤大由/渡辺勇大が2連覇を飾ったほか、女子シングルスの奥原希望が5年ぶり2回目の優勝を達成。混合ダブルスの渡辺勇大/東野有紗は3年ぶりの頂点到達となった。

初日の結果はこちら

2日目の結果はこちら

3日目の結果はこちら

4日目の結果はこちら

2020年のダイジェストはこちら

全英オープン2021の放送情報はこちら(バナーをクリックすると移動します)

第111回全英OPの最終日第1試合は男子ダブルス。前回優勝の遠藤/渡辺(上写真・左)と園田啓悟/嘉村健士の日本ペア対決は、1時間を超える熱戦となった。

第1ゲームを先制したのは遠藤/渡辺。8オールから6連続得点などで引き離すと、そのまま押し切って21-15で優勝に王手をかける。しかし、簡単には負けられない園田/嘉村も、第2ゲームはスピードを生かした攻撃でポイントを重ねて21-17。勝負の行方は最終ゲームに持ち込まれた。

第2ゲームを奪った勢いを生かしたい園田/嘉村だったが、ファイナルゲームを支配したのは遠藤/渡辺。鉄壁のレシーブから崩してポイントを積み重ねると、最後は21-11で勝利。国内のライバルを退けた遠藤/渡辺が、見事全英2連覇を達成した。

男子ダブルスに続き、日本ペア対決となった女子ダブルス。昨年の覇者である福島由紀/廣田彩花と、全英OP2回目の決勝進出となった松本麻佑(上写真・左)/永原和可那が激突した。

昨年10月のデンマークOP(Super750)、12月の全日本総合決勝では、どちらも福島/廣田が勝利を飾り優勝。3連敗は避けたい松本/永原と、全英連覇をめざす福島/廣田の戦いは序盤から拮抗した戦いに。第1ゲームは点の取り合いから福島/廣田が18-16とリード。しかし、「簡単なミスをしないように、気を抜かずプレーした」(永原)という松本/永原が、この場面から5連続得点で逆転に成功。第1ゲームを先制すると、続く第2ゲームは13オールの接戦から、再び松本/永原が抜け出し18-16。福島/廣田もねばり強く戦ったが、「(2ゲーム目の後半は)自分たちにも迷いがあってミスが増えた」と福島。最後は松本/永原が振り切り21-16で優勝。伝統の全英OPで初の頂点に立った。

2016年の全英OPで頂点に立っている女子シングルスの奥原希望(上写真・右)。5年ぶり2回目の全英制覇に向けて、タイのポンパウィ・チョチュウォンと対戦した。

第1ゲームを先制したのは奥原。出だしこそ1-4とされたが、ここから連続ポイントを重ねて21-12。一気に優勝に王手をかけると、第2ゲームもねばるポンパウィを振り切って21-16で勝利。44分で仕留めた奥原が、5年ぶりに全英の栄冠を手にした。

全英ラストマッチとなった、混合ダブルスの決勝戦。渡辺勇大/東野有紗(上写真・手前)と金子祐樹/松友美佐紀の日本人対決となった勝負は、渡辺/東野が2018年以来3年ぶりの歓喜を手にした。

渡辺/東野は第1ゲーム序盤から主導権を握ってリードを保つと、中盤以降も点差を広げたまま試合を進めて21-14。「僕らのペースにもっていけた」と渡辺が振り返るように、第2ゲームに入っても渡辺/東野が先行。途中、金子/松友に8-3から11-10まで詰められたが、後半に入ると再び渡辺/東野ペース。最後は5連続得点で引き離した渡辺/東野がそのまま押し切って勝利。渡辺は男子ダブルスに続く2冠を達成し、大会を終えている。

男子シングルスは、ビクター・アクセルセン(デンマーク)とリー・ジジャ(マレーシア・上写真)が決勝戦で激突。全英2連覇をねらったアクセルセンだったが、この連覇を阻止したのはリーだった。一進一退の攻防となった第1ゲームを30-29で制したリー。続く第2ゲームはアクセルセンが22-20で奪い返したが、最終ゲームはリーが奮起。アクセルセンが失速するのを尻目に、連続得点を重ねて最後は21-9で勝利。全英OPは初優勝。マレーシア選手としては、2017年にリー・チョンウェイが制して以来、4年ぶりにタイトルを手にしている。

決勝戦の結果は以下の通り。

【男子シングルス】

リー・ジジャ(マレーシア)②〔30−29、20−22、21−9〕1●ビクター・アクセルセン(デンマーク)74分

2連覇をねらったアクセルセンは接戦を勝ちきれずに準優勝に終わった

【女子シングルス】

奥原希望②〔21−12、21−16〕0●ポンパウィ・チョチュウォン(タイ)44分

最後までスピードが落ちなかった奥原が5年ぶりのV達成

【男子ダブルス】

遠藤大由/渡辺勇大②〔21−15、17−21、21−11〕1●園田啓悟/嘉村健士68分

初の優勝とはならなかったが、1時間の熱戦をくり広げた園田啓悟(右)/嘉村健士。「ファイナルゲーム終盤は相手のレシーブのクオリティがとても高く、なかなか決めることができなかった。自分が簡単なミスをしてしまった」(嘉村)
初の日本人決勝となった男子ダブルス。優勝は安定したディフェンス力を発揮した遠藤(右端)/渡辺

【女子ダブルス】

松本麻佑/永原和可那②〔21−18、21−16〕0●福島由紀/廣田彩花56分

デンマークOP、全日本総合のリベンジを達成した松本(右端)/永原
2連覇を逃した福島由紀(左)/廣田彩花。「今回の試合を通して課題が多く見つかったので、それを持ち帰って練習していきたい」(福島)

【混合ダブルス】

渡辺勇大/東野有紗②〔21−14、21−13〕0●金子祐樹/松友美佐紀40分

日本ユニシスのチームメート同士が全英決勝の舞台で対戦。軍配は混合ダブルスの第一人者である渡辺勇大/東野有紗が勝利
ペア結成から1年も経たない中で全英決勝に進出した金子祐樹(右)/松友美佐紀。敗れはしたが、価値ある準優勝だ

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO

投稿日:2021/03/22

人気記事ランキング