【全英OP2021】奥原希望、福島&廣田らが快勝でベスト8入り!<2日目結果>

3月18日に開催されたBWFワールドツアー・ヨネックス全英OP(バーミンガム/Super1000)2日目は、各種目1、2回戦が行なわれた。今大会は、インドネシア代表が新型コロナウイルス感染者と同じ飛行機内にいたことから、濃厚接触の疑いで全選手がキケン扱いに。また、トルコのネスリハン・イギットも、同じ飛行機内にいたため山口茜との2回戦を前にキケン扱いとなっている。

2020年のダイジェストは こちら

全英オープン2021の放送情報はこちら(バナーをクリックすると移動します)

女子シングルスは、奥原希望(上写真)がブルガリア選手と対戦。奥原が第1ゲームを6本で抑えると、第2ゲームも13本に封じて勝利。快勝の奥原が2回戦を突破し、ベスト8入りを決めた。また、シードの山口茜は対戦相手のイギット(トルコ)がキケン扱いとなったことにより、戦わずしてベスト8入りを決めた。大堀彩はタイのブサナン・ンバルンパンと対戦。大堀彩が第1ゲームを19-21で落とすと、続く第2ゲームも15本で失い、2回戦を勝ち抜くことはできなかった。

男子シングルスは常山幹太(上写真)が、1回戦で西本拳太を破ったラスムス・ゲンケ(デンマーク)と対戦。第1ゲームを常山、第2ゲームをゲンケが奪ってファイナルゲームに入ると、前半から主導権を握ったのが常山。6連続ポイントで一気に14-2と大量リードをつかみ、そのまま押し切って勝利。1時間17分の激闘を常山が制して、ベスト8進出を決めた。2戦連続でインド選手と対戦した桃田賢斗は、21-15、21-14の2-0のストレートで快勝。こちらも準々決勝へ勝ち進んだ。

男子ダブルスは、前回王者の遠藤大由/渡辺勇大、園田啓悟/嘉村健士がともに2-0で白星をつかんで2回戦を突破。遠藤/渡辺は古賀輝/齋藤太一との日本人対決を18本、8本で勝利し、しっかり貫禄を示した。女子ダブルスは、2連覇をねらう福島由紀(上写真・右)/廣田彩花がデンマークペアを10本、19本で退ければ、松本麻佑/永原和可那もフランスペアを2-0で下してベスト8に進出した。また、志田千陽/松山奈未もエストニアのペアに圧勝し、全英初のベスト8入りを決めている。

混合ダブルスは1日2試合となった金子祐樹/松友美佐紀(上写真左)が、1回戦でインドペアを、2回戦でアイルランドペアを下してベスト8へ。3年ぶりの優勝をねらう渡辺勇大/東野有紗もデンマークペアを16本、19本で振り切って回戦を突破している。

日本選手の結果、準々決勝の対戦カードは以下の通り。

【男子シングルス】

▼2回戦(3月18日)

桃田賢斗②〔21−15、21−14〕0●プラノイ・H.S.(インド)48分

常山幹太②〔21−15、18−21、21−14〕1●ラスムス・ゲンケ(デンマーク)77分

桃田賢斗はインド選手に2-0で快勝

▼準々決勝(3月19日)

桃田賢斗 ― リー・ジジャ(マレーシア)

ビクター・アクセルセン(デンマーク) ― シットコム・タンマシン(タイ)

ラクシャ・セン(インド) ― マーク・カルジョー(オランダ)

常山幹太 ― アンダース・アントンセン(デンマーク)

【女子シングルス】

▼2回戦(3月18日)

山口茜○〔キケン〕●ネスリハン・イギット(トルコ)

奥原希望②〔21−6、21−13〕0●リンダ・ゼッチリ(ブルガリア)28分

大堀彩●0〔19−21、15−21〕②ブサナン・ンバルンパン(タイ)48分

▼準々決勝(3月19日)

ラチャノック・インタノン(タイ) ― ミア・ブリックフェルト(デンマーク)

奥原希望 ― ブサナン・ンバルンパン(タイ)

山口茜 ― プサルラ・V.シンドゥ(インド)

ベイウェン・ツァン(アメリカ) ― ポンパウィ・チョチュウォン(タイ)

【男子ダブルス】

▼2回戦(3月18日)

遠藤大由/渡辺勇大②〔21−10、21−19〕0●テオEY/オンYS(マレーシア)37分

園田啓悟/嘉村健士②〔21−18、21−8〕0●古賀輝/齋藤太一35分

日本人ペア対決を制した園田啓悟(右)/嘉村健士

▼準々決勝(3月19日)

園田啓悟/嘉村健士 ― ラングリッジ/エリス(イングランド)

遠藤大由/渡辺勇大 ― クリスチャンセン/ノアー(デンマーク)

C・ポポフ/T・ポポフ(フランス) ― アストルップ/ラスムセン(デンマーク)

ニッピホン/タンパット(タイ) ― ベイ/モーヘッド(デンマーク)

【女子ダブルス】

▼2回戦(3月18日)

志田千陽/松山奈未②〔21−8、21−12〕0●マーラン/ルーテル(エストニア)27分

福島由紀/廣田彩花②〔21−7、21−15〕0●ボエ/ポールセン(デンマーク)42分

松本麻佑/永原和可那②〔21−10、21−16〕0●レフィール/トラン(フランス)28分

松本麻佑(右)/永原和可那は28分で白星を奪取。ベスト8入りを決めた

▼準々決勝(3月19日)

福島由紀/廣田彩花 ― スミス/バーチ(イングランド)

ピキ/セイネン(オランダ) ― ポンナッパ/シッキ(インド)

松本麻佑/永原和可那 ― トゥーグセン/フォウガード(デンマーク)

志田千陽/松山奈未 ― タン/ムラリサハラン(マレーシア)

【混合ダブルス】

▼1回戦(3月18日)

金子祐樹/松友美佐紀②〔21−19、21−9〕0●ランキレッディ/ポンナッパ(インド)35分

▼2回戦(3月18日)

渡辺勇大/東野有紗②〔21−16、21−19〕0●クリスチャン/ボエ(デンマーク)38分

金子祐樹/松友美佐紀②〔21−16、19−21、21−13〕1●S・マギー/C・マギー(アイルランド)55分

▼準々決勝(3月19日)

エリス/スミス(イングランド) ― ミケルセン/ソビー(デンマーク)

チャンPS/ゴーLY(マレーシア) ― ジケル/デリュー(フランス)

金子祐樹/松友美佐紀 ― ノアー/マグランド(デンマーク)

渡辺勇大/東野有紗 ― タンKM/ライPJ(マレーシア)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO


投稿日:2021/03/19

人気記事ランキング