【全英OP2021】奥原希望が決勝に進出!ダブルス3種目は日本ペア決勝に!<準決勝結果>

3月20日に開催されたBWFワールドツアーヨネックス全英OP(バーミンガム/Super1000)4日目は、各種目準決勝が行なわれた。日本は男子シングルスを除く4種目が決勝進出をかけて争い、女子シングルスの奥原希望、そしてダブルス3種目は日本ペア同士の決勝戦が実現することになった。

初日の結果はこちら

2日目の結果はこちら

3日目の結果はこちら

2020年のダイジェストはこちら

全英オープン2021の放送情報はこちら(バナーをクリックすると移動します)

女子シングルスの準決勝に登場した奥原(上写真)は、世界ランク6位のラチャノック・インタノン(タイ)と激突。第1ゲームを先制したのはインタノンだったが、第2ゲームは21-16で奥原が奪い返した。ファイナルゲームは、インタノンが10-5、16-12とリードを保ちながらプレッシャーをかけたものの、後半になってもスピードを落とさなかったのが奥原。ねばり強さを発揮してじわじわと点差をつめると、14-18から6連続得点で逆転に成功。そのまま押し切り、最後は21-19で逆転勝利を飾った。奥原は2016年に優勝して以来の決勝進出。5年ぶりの栄冠にあと一歩に迫った。

女子ダブルスは福島由紀(上写真・右)/廣田彩花がオランダとペアを対戦し、第1ゲームを21-17で制すると、続く第2ゲームは7本に抑えて快勝。昨年に続く全英優勝に王手をかけた。一方、反対の山では松本麻佑/永原和可那と志田千陽/松山奈未の日本人ペア同士の対戦に。松本/永原が第1ゲームの接戦を19本で奪うと、続く第2ゲームも17本に封じて勝利。2019年の準優勝以来となる決勝進出を決めている。

男子ダブルスも日本人ペアが決勝を独占した。準決勝に登場した前回王者の遠藤大由/渡辺勇大は、デンマークペアに13本、11本で勝利。36分のスピード決着で全英2連覇に王手をかけた。園田啓悟/嘉村健士(上写真・右)は、デンマークの世界ランク13位ペア、アストルップ/ラスムセンを21-18、21-14で下して、こちらも決勝進出を決めている。

混合ダブルスは、3年ぶりの全英優勝をねらう渡辺勇大/東野有紗が、地元イングランドのエリス/スミス(イングランド)と対戦。相手を寄せ付けず、2-0のストレートで勝利をつかんで決勝の切符を手にした。金子祐樹/松友美佐紀は強豪ペアのチャンPS/ゴーLY(マレーシア)に対して、第1ゲームを21-14で先制。第2ゲームも20オールの接戦から抜け出し、金子/松友が全英初の決勝進出を決めた。

唯一日本選手が不在となった男子シングルスは、連覇をねらうビクター・アクセルセン(デンマーク)と、準々決勝で桃田賢斗を下したリー・ジジャ(マレーシア)が決勝の舞台にコマを進めている。

準決勝の結果、決勝戦の対戦カードは以下の通り。

【男子シングルス】

▼準決勝(3月20日)

ビクター・アクセルセン(デンマーク)②〔16−21、21−7、21−17〕1●アンダース・アントンセン(デンマーク)67分

リー・ジジャ(マレーシア)②〔21−13、21−17〕0●マーク・カルジョー(オランダ)44分

▼決勝(3月21日)

ビクター・アクセルセン ― リー・ジジャ

【女子シングルス】

▼準決勝(3月20日)

奥原希望②〔16−21、21−16、21−19〕1●ラチャノック・インタノン(タイ)71分

ポンパウィ・チョチュウォン(タイ)②〔21−17、21−9〕0●プサルラ・V.シンドゥ(インド)45分

▼決勝(3月21日)

奥原希望 ― ポンパウィ・チョチュウォン(タイ)

【男子ダブルス】

▼準決勝(3月20日)

遠藤大由/渡辺勇大②〔21−13、21−11〕0●ベイ/モーヘッド(デンマーク)36分

園田啓悟/嘉村健士②〔21−18、21−14〕0●アストルップ/ラスムセン(デンマーク)45分

2連覇へあと一歩に迫った遠藤大由(左)/渡辺勇大。ソノカムとの日本ペア決勝に挑む

▼決勝(3月21日)

遠藤大由/渡辺勇大 ― 園田啓悟/嘉村健士

【女子ダブルス】

▼準決勝(3月20日)

福島由紀/廣田彩花②〔21−17、21−7〕0●ピキ/セイネン(オランダ)50分

松本麻佑/永原和可那②〔21−19、21−17〕0●志田千陽/松山奈未51分

2年ぶりの決勝進出を決めた松本麻佑(右)/永原和可那
初の準決勝を決めた志田千陽(左)/松山奈未は、松本/永原にストレート負け

▼決勝(3月21日)

福島由紀/廣田彩花 ― 松本麻佑/永原和可那

【混合ダブルス】

▼準決勝(3月20日)

金子祐樹/松友美佐紀②〔21−14、22−20〕0●チャンPS/ゴーLY(マレーシア)42分

渡辺勇大/東野有紗②〔21−10、21−18〕0●エリス/スミス(イングランド)39分

▼決勝(3月21日)

渡辺勇大/東野有紗 ― 金子祐樹/松友美佐紀

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/BADMINTONPHOTO

投稿日:2021/03/21

人気記事ランキング