【日本代表情報】総合ベスト4ペアが順当にA代表に選出!<男子ダブルス>

1月15日、日本バドミントン協会は2021年日本代表のA代表・B代表を発表した。日本代表の内定選手は12月の全日本総合選手権後に発表されており、例年通りであれば、世界ランキングや実績、将来性などからA代表・B代表が分けられている。男子ダブルスA・B代表は以下の通り。※世界ランキングは150位以上

【日本代表A・B代表】

男子シングルスはこちら

女子シングルスはこちら

女子ダブルスはこちら

混合ダブルスはこちら

▼A代表

園田啓悟(左)/嘉村健士
(トナミ運輸/4位)

遠藤大由(左)/渡辺勇大
(日本ユニシス/5位)

保木卓朗(手前)/小林優吾
(トナミ運輸/11位)

古賀 輝(右)/齋藤太一
(NTT東日本/30位)

▼B代表

竹内義憲(右)/松居圭一郎
(日立情報通信エンジニアリング/41位)

岡村洋輝(左)/小野寺雅之
(日本ユニシス/早稲田大4年/49位)

金子真大(右)/久保田友之祐
(トナミ運輸/53位)

井上拓斗(左)/三橋健也
(日本ユニシス/※)

文/バドミントン・マガジン編集部

写真/菅原淳


投稿日:2021/01/15
■関連キーワード

                              

人気記事ランキング

閉じる