【全日本総合2020】渡辺&東野が混合ダブルス4連覇達成!<決勝戦ダイジェスト-1>

12月27日に開催された第74回全日本総合(東京・町田市立総合体育館)最終日は、5種目の決勝戦が行なわれた。ここでは、白熱した戦いを繰り広げた混合ダブルスのダイジェストを紹介する。

記事・コメント・トーナメント表
一覧はこちら

【混合ダブルス】

渡辺勇大(上写真・左)/東野有紗の4連覇に注目が集まった混合ダブルス。決勝戦は、同じ日本ユニシスの金子祐樹/松友美佐紀。準々決勝でB代表の浦井唯行/宮浦玲奈(丸杉/ヨネックス)、準決勝で西川裕次郎/尾﨑沙織(NTT東日本)を破るなど、経験豊富な松友と強打を誇る金子が、コンビネーションを高めながら勝ち上がってきた。

決勝戦の第1試合。静寂の中でスタートした第1ゲームは、東野のロングサービスから始まる。前半から主導権を握ったのは、その渡辺/東野だ。「シャトルが飛ばない中で、自分の攻撃が淡白になってしまった」と金子が振り返るように、渡辺/東野は後衛を左右にうまく揺さぶりなら強打を抑え、自分たちのリズムにつなげていく。10-6でリードすると、さらにここから4連続得点。渡辺が「先手、先手でラリーができた」というように、速いタッチで主導権を握りながら、第1ゲームを21-11で先取した。

続く第2ゲームは、金子(上写真・左)/松友が、序盤からスピードを上げて攻め込む。金子の角度あるジャンプスマッシュが2連続で決まるなど、持ち味を生かして攻撃で前半に4連続ポイント。しかし、第1ゲームを奪って余裕が生まれた渡辺/東野も、すぐさま低い展開で相手の攻撃を押し返す。5オールから8−5とした渡辺/東野は、さらにテンポアップ。東野のサービスまわりのプレーも冴えわたり、スコアを12-8とした。

「勇大くんのカバー力が本当にすごかったので、自信を持って前にいけた」とは前衛の東野。中盤以降は、松友とのネット前勝負でも鋭い出足で決めるだけでなく、速い展開の中でもレシーブから攻撃につなげ、渡辺のスマッシュやドロップを引き出した。後半は6連続得点で突き放した渡辺/東野。終わってみれば21-9の快勝で、混合ダブルスの連覇記録(2005年〜08年/舛田圭太&前田美順)に並ぶ、4連覇を達成した。

▼決勝戦

渡辺勇大/東野有紗(日本ユニシス)②〔21-11、21-9〕0●金子祐樹/松友美佐紀(日本ユニシス)

※優勝は4年連続4回目


投稿日:2020/12/27
■関連キーワード

                     

人気記事ランキング